NEMの次世代チェーンSymbol、ローンチと権利確定情報をアップデート

Symbolローンチとスナップショット

暗号資産(仮想通貨)ネムの「NEMグループ(NEM Group Ltd:NGL)」は7日、20年12月ローンチ予定の新チェーン「Symbol(XYM)」に関する最新情報を発表した。

ローンチ日とスナップショット

公式サイトによれば、Symbolの正式ローンチは20年12月17日(予定)に。Symbol付与の権利確定日となる「スナップショット」は、12月15日~17日に行われる。

正確なローンチ日についてはローンチ2週間前に公表され、スナップショットの正確なブロック高はローンチ5日前に発表するとした。Symbol付与の意思表示と手続きの開始を意味するを「事前オプトイン」は、Symbolのローンチ5日前に終了する。

なお、Symbolローンチ後に行う「事後オプトイン(ポストローンチオプトイン)」はローンチ前に発表される予定で、新通貨XYMの受け取り期間はローンチから6年間有効となるという。

すでに国内大手仮想通貨取引所コインチェックでは、利用者から預かっている全てのNEMにおいて、「オプトイン」を代行実施することを発表しており、自分でオプトインする手間は掛からない。ユーザーへのSymbolの配布の詳細については、「利用者の利益を最優先に考えた対応方針を検討しており、改めてお知らせする」としている。

関連NEM新通貨「Symbol」オプトイン開始、取引所ごとの対応一覧と注意点

ローンチまでのプロセス

12月17日のローンチに向けて、技術面における様々な工程がある。

11月中頃までに予定されるコアサーバ改修や「ウォレットリリース」に伴うテストネットでの試運転を控えるほか、12月初めまではトークンのエコシステム(トークノミクス)に関連するアップデートやローンチ後のオプトインのテスト終了も予定する。

参考:公式


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します