「ビットコインキャッシュ分岐の可能性」翌週の重要ファンダとTAOTAOアナリスト解説

BTC市場情報とTAOTAOアナリスト解説

ビットコイン(BTC)のハッシュレート推移、難易度調整予想について解説する。

クリプト指標

来週の注目ファンダは特にありません。

BTCハッシュレート推移とチャート

2020年10月25日~2020年10月31日

先週のBTCハッシュレートの最低値は10月31日の113.1TH/s(前週比84.7%)、最高値は10月25日の133.3TH/s(前週比91.0%)であった。

BTCハッシュレート推移

一方でBTC価格の最低値は10月27日の約134万円(前週比113.5%)、最高値は10月28日の約144万円(前週比105.1%)であった。

BTC価格チャート

先週に引き続き、ハッシュレートは大きな下降をみせたものの、BTC価格は年初来最高値を記録しており、ハッシュレートと逆相関の動きをみせた。

BTC難易度調整

前回の難易度調整は、2020年11月03日17:28(655,200ブロック)に行われ、変動率は-16.05%となった。

具体的な数字として、難易度は16.79 T(前回比83.95%)、平均ハッシュレートは120.12 EH/s(前回比84.0%)となっており、数値は大きく下降した。

BTC難易度調整値

また、難易度調整の基準になる平均ブロック生成時間は11分55秒(前回09分40秒)となった。

次回の難易度調整は、2020年11月18日に行われる予定である。

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

クリプト指標解説|寄稿:仮想NISHI

「BitcoinCash ABC」ハードフォーク(15日21時前後)

ハードフォークとは、仮想通貨のブロックチェーンにおいてプロトコルの後方・前方互換性がないネットワーク・アップデートのこと。

ハードフォークによりチェーンが分岐することがあり、その場合、1つの仮想通貨から2つの仮想通貨に”分裂”が生じることがあります。

15日21時前後に 「BitcoinCash ABC」において、ノード間で一部機能の追加を巡って意見が対立していることに起因して、ハードフォークが実施される予定であり、「BitcoinCash ABC」が「BitcoinCash ABC」と「BitcoinCash Node」の2つの仮想通貨に分裂する可能性が高まっています。

関連:国内仮想通貨取引所、15日予定ビットコインキャッシュハードフォーク可能性への対応方針

寄稿者:仮想NISHI@Nishi8maru
「新しいお金。新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。DECOCHARTやTASKALの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。

関連:TAOTAO公式サイト

関連:TAOTAO 公式Twitter


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します