ビットコイン先物 290ドルの「窓」─米CME

週末の変動幅を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、290ドルの「窓(ギャップ)」で取引を開始した。先週末の終値16,325ドル(1,708,639円)に対し、始値が16,035ドル(1,678,287円)となった。

12日に年初来高値を更新したビットコインは、週末にかけて反落した。直近2ヶ月間に渡って騰勢を強めたビットコイン市場は、窓埋めアノマリーへの意識も低下しつつある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します