3.6兆円資産運用企業Mariner Wealth、ビットコイン投資を提供へ

Mariner Wealth Advisorsがビットコインに

約350億ドル(約3.6兆円)の資産を運用する米企業Mariner Wealth Advisorsは23,000のクライアントに暗号資産(仮想通貨)ビットコインへの投資を提供することがわかった。

米国時間17日の発表によると、同社の独立投資顧問らは仮想通貨ブローカーEaglebrook Advisorsを通して「SMA口座」を開設することができるようになる。「SMA口座」とは、投資家が証券会社などのサービス提供業者にある程度のまとまった資金を預け、資産管理・運用を行うための「ラップ口座の一形態」をいう。(SMBC日興証券参照)

Mariner Wealthには、数百の独立投資顧問が所属し、新たなSMA口座でビットコインの取引、カストディ、および税金の計算をクライアントの代わりに行えるようになる。サービスは年末から開始する予定だ。

現時点では、仮想通貨での対象銘柄はビットコインのみで、ビットコインカストディにはGeminiのシステムと連携する。

大口投資家への拡大

今回、仮想通貨ブローカーEaglebrook AdvisorsのChristopher King CEOはCoindeskの取材 に対し、Mariner Wealthとの提携が「500〜1000万ドルの資産を持つ投資家への仮想通貨サービスの第一歩」で、2017年にはこのような大口投資家からの参入は予想もできなかったと説明した。

大口投資家に向けた仮想通貨専門サービスは、これまで財務顧問には欠如していたという。「今まで、億ドル単位の資産を運用する独立の投資顧問に特化したインフラは誰も構築してこなかった」としている。

参考:プレスリリース


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します