仮想通貨ビットコイン、歴史的節目の「2万ドル」大台突破

ビットコイン、2万ドルの大台へ

暗号資産(仮想通貨)ビットコインが、悲願の20,000ドル(210万円)を突破。米コインベースで一時20,400ドルを超えるなど、英語圏を中心に3年前(17年12月)に記録した過去最高値を多くの取引所で塗り替えた。

BTC/USD 2万ドル突破

最大手取引所バイナンスでも、SNS上で祝砲を上げている。

ここから上の新高値は、まさに未知の領域だ。いわゆる真空地帯には仮想通貨史上「上値抵抗線」が存在せず、青天井となる可能性もある。大口の利食いで急落するおそれもあり、ボラティリティ大幅上昇による乱高下には注意したい。

国内取引所のBTC/JPYに海外との価格差

一方、米大手取引所コインベースが17年12月に記録した過去最高値19,891ドル(207.5万円)に対し、bitFlyerの過去最高値は231.2万円。コインチェックは240万円を付けていた。

国内外の取引所間で最高値に大きな差が出ているのは、ボラティリティ急拡大局面における相場のオーバーシュートのほか、3年間で円高が進行したためだ。外国為替市場における17年12月17日のドル/円相場は、概ね113円台で推移していた。 20年12月現在103.5円であることを踏まえると、約10円幅で1BTC=20,000ドル時に20万円もの差が生じることになる。

これに先駆け、米株式市場のNYダウは11月24日、史上最高値の3万ドルに到達している。

高騰の背景は

昨今の仮想通貨相場は、大きく分けて4つの高騰要因が挙げられており、詳しくは以下の記事で解説している。

  1. 相次ぐ好材料
  2. コロナ禍のドルヘッジ(リスク選好局面)
  3. デリバティブ市場と需給面の変化
  4. 堅調なテクニカルとオンチェーンデータ

関連:ビットコイン高騰はなぜ止まらないのか、過去最大級の強気相場に4つの理由

Square社やMicroStrategy社などの上場企業がビットコイン大量に購入しているほか、PayPalが全米でビットコインなど4銘柄の売買サービスを開始。Pantera Capitalは最新の投資家レターで、PayPalとCashAppによるビットコインの購入は新規採掘量を上回ると推定し、今年5月の半減期を経て今後「供給不足が加速する」と予測している。

関連:ビットコインが供給不足の状態へ PayPalなどで新規採掘量上回ると推定=Panteraキャピタル

関連:「Sparkトークン=1ドル超え」が判断材料に欠ける理由──XRP保有者への仮想通貨付与

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します