英エリザベス女王、ブロックチェーンに関心か

英国女王がブロックチェーン学術誌に関心

英国の女王エリザベス2世が、ブロックチェーンに関心を示している。

英国ブロックチェーン協会(BBA: British Blockchain Association)が発行するブロックチェーンについての学術誌を女王に送付したところ、女王の秘書室から返事の書簡が送られてきた。

英国ブロックチェーン協会ジャーナルの六冊目を送っていただいたことに感謝すると女王からの言伝です。

女王陛下はこのジャーナルが紙媒体でもオンラインでも入手できる初めてのオープンなブロックチェーン研究ジャーナルであることに関心を持たれました。

思慮深く送付くださったことに感謝し、関係各位に御礼を述べます。

エビデンスに基づくブロックチェーン促進

英国ブロックチェーン協会(BBA)は、2017年に設立された非営利団体で、エビデンスに基づくブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)の採用促進を目指している。

世界の研究大学や学術機関の連合である「エビデンスベース・ブロックチェーンセンター(CEBB)」を主催しており、政策立案者、政府、BBAメンバー組織に助言している。

また学生部門では、米マサチューセッツ工科大学(MIT)、エジンバラ大学、ロンドン大学、マンチェスター大学、リバプール大学に支部があるなど、ブロックチェーン分野の学術領域を先導する一つの組織だ。

「エビデンス・ベース ブロックチェーンセンター」では、既存技術のブロックチェーン活用を分析するほか、ある技術を活用する上で実際にそのブロックチェーンなどのプログラム導入によりプラスの効果があるのか、その証拠を示していく方向性を研究することなどを目的としている。

ジャーナル最新号には、「消費者のブロックチェーン受容の促進要因」「ブロックチェーンと一般情報保護、ジェンダー変更情報のケース」「暗号資産(仮想通貨)取引所比較」「ブロックチェーンとモノのインターネット」など、広範なトピックに渡る論文が発表されている。

英国初、デジタル証券プラットフォーム認可

英国での最近のブロックチェーン導入事例としては、ランカシャー州のクリケットクラブが2月、2020年よりブロックチェーン基盤の発券システムを採用すると発表している。

チケットの偽造を防ぎ、譲渡や転売も容易に行えるようになり、また既存の発券サービスとも円滑に接続できるもので、発券に関する様々な課題を解決するとして期待されているものだ。

また、株式や債券など現実の資産を、ブロックチェーン技術を使用してトークン化するデジタル証券についても、英金融行動監視機構(FCA)が8月に初めて、デジタル証券取引・カストディプラットフォームを承認した。

認可された企業Archaxが提供するサービスで注目されていることの一つは、まだ数少ないデジタル証券の流通市場を構築することだ。同社のアドバイザーは、中小企業が効率的に資本にアクセスできるようになること、透明な市場を促進できることを挙げ、Archax取引所は新時代のグローバル金融市場を切り開くものと語った。

関連: 英国初のデジタルトークン取引所がライセンス獲得

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します