シンガポール三番目大手銀行、仮想通貨カストディの構築を検討か

シンガポールで加速

シンガポールの3番目の大手銀行United Overseas Bankが暗号資産(仮想通貨)のカストディに関連するソリューションの構築を検討している可能性が浮上した。

United Overseas Bankの資産管理総額は2019年度において4,000億ドル以上の規模に及ぶ。同行の求人ページによると、現在「VPクリプトセキュリティ管理者」を募集している。このポジションでは暗号秘密鍵を管理する安全な方法を設計することだという。

具体的には、応募者はハードウェアセキュリティモジュール、暗号基準、暗号鍵の生成、決済ネットワークの基準、トークン化の仕組み等分野に関する明確な理解と経験を持つ必要がある。

留意点として、これらのジョブ・ディスクリプションは銀行システムにおける暗号化ソリューションに当たる可能性もあり、必ずしも仮想通貨に限るわけではない。また、現在United Overseas Bankはそれ以外の関連求人を行っていない。

シンガポール最大手銀も

シンガポールでは、仮想通貨に対する需要は伝統金融にも浸透しつつある。10月に、シンガポールおよび東南アジアにおける最大手銀行「DBS銀行」は独自の仮想通貨取引所をローンチすることが報じられた。現時点では、規制当局の承認を待っている状況だが、機関投資家を中心に展開する計画として業界に歓迎されている。

そのほか、仮想通貨セクターにおけるシンガポールの健全な規制環境は業界の発展にとって有利とみられている。

関連東南アジア最大手銀行、米ドルや日本円対応の仮想通貨取引所「DBSデジタル取引所」を開設へ

参考:公式求人

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します