CoinPostで今最も読まれています

Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

JeluridaがBridge Champを開発

スイスのブロックチェーン企業ジェルリダ(Jelurida)が、コントラクトブリッジというトランプゲームのオンチェーン版である「Bridge Champ」の開発を開始したことを発表した。Bridge Champでは、コントラクトブリッジの中核的機能が自動化され、それによりコントラクトブリッジのクラブオーナー達がコンペティションを開催し、効率的に収益を得ることが可能になるという。

Bridge Champは、ジェルリダのプロダクトIgnis(イグニス)上に構築されている。

開発の背景

コントラクトブリッジとは、トランプのチェスとも呼ばれる複雑なゲームで、高度なリスクマネジメントや戦略を要し、運の要素が最大限まで排除されている。世界選手権や国際競技会が開かれるほど、世界中で広く認知されている。

インターネットの台頭と共に、オンラインゲームとして人気を博し、多くのトーナメントが開催された。しかし、2つのプラットフォームによる市場寡占状態が続き競争が促進されなかったため、優れたユーザーエクスペリエンスが提供されず、既存のコントラクトブリッジクラブに対するホワイトラベル(ある企業の製品やサービスを他会社が自社ブランドとして販売できるようにすること)的ソリューションに適さない、閉鎖的な空間になっているのが現状だ。

今回の開発では、ブロッックチェーン技術を取り入れることでこのような課題に取り組み、コントラクトブリッジおよびトーナメントシステムを画期的に発展させることを目的としている。

開発の詳細

Bridge Champの開発は、コントラクトブリッジ学習プラットフォームを提供しているBridge Online Academyと共同で行われている。ジェルリダCEOのLior Yaffe氏によると、Bridge Online Academyからジェルリダへ、ゲームおよびトーナメントデザインに関する技術的コンサルティング、ならびにクラブオーナーおよび業界の有識者とのコネクションを作るためのサポートが提供されているという。

Bridge Campでは、プレーヤー向けに設計されたカスタマイズ可能なプレー環境が提供される。また、最先端のゲームエンジン、ならびに競技会の企画および実行用のオープンAPIも用意されている。UIには動画およびオーディオ共有、ゲーム化ならびにトークン化などのソーシャル要素も兼ね備えているため、ビジネスとして収益を得ることが可能になるという。

Bridge Champは、Ignis(下記参照)というブロックチェーン上に構築されているため、その技術を活用し、以下の機能が利用できる予定だ。

  • 競技会の企画および参加用のゲーム内のトークンエコノミー
  • 「proof-of-play(プレーした証拠)」およびプレーヤーの成果に基づいたBridgeトークンのマイニング
  • 成果の改竄防止
  • ランダム性の保証および不正防止

Ignisとは

Ignisとは、ジェルリダが開発を行っているパブリックブロックチェーン、アーダー(Ardor)で最初に作成されたチャイルドチェーン(シャードチェーン)だ。

アーダーでは、チャイルドチェーンの作成者が、作成したチェーン上で利用可能な機能に制限をかけることができる仕組みになっているが、Ignisには機能制限がなく、アーダープラットフォーム上の全ての機能が利用できるパーミッションレス型ブロックチェーンとして稼働している。利用可能な機能には、ユーザーがあるアカウントに対して「タグ」をつけることを可能にするアカウントプロパティ設定機能や、マルチシグ設定などができるアカウントコントロール機能など、アカウントに特化した機能も含まれている。これらの機能は、他のチャイルドチェーンでも利用可能だが、Ignis上ではとりわけ簡単に利用できるようにサポートされている。

Ignisには、プライバシーを向上させるための機能も備わっている。コインシャッフリングというプライバシーメカニズムを有効にすると、この機能を有効化したアカウントの資産やチャイルドチェーントークンが、他のアカウントの資産とランダムに混ぜられる。これにより、資産やトークンの出所が分かりづらくなるため、プライバシーがより一層保護される。また、アーダーのチャイルドチェーンでは、アカウント間でメッセージを送り合うことが可能だが、Ignisではプライバシー保護のためにメッセージを暗号化することも選択できる。

Ignisでは、スケーラビリティおよび柔軟性向上のために、軽量版のスマートコントラクト(lightweight contract)が利用されている。このシステムでは、一般的なパブリックチェーンと異なり、コントラクトに書かれているコードの実行に全てのノードの検証を必要とせず、希望したノードだけがコード実行に関わることができる。

Ignis上には、コイン取引所(Coin Exchange)および資産取引所(Asset Exchange)と呼ばれる分散型取引所が存在している。コイン取引所ではチャイルドチェーントークンおよびメインチェーンであるアーダーチェーンのトークンARDRのトレードを、資産取引所ではセキュリティトークン、ユーティリティトークンおよびNFT(Non Fungibele Token/非代替性トークン)などIgnis上で発行されたトークンのトレードを、それぞれ行うことができる。また資産取引所ではクラウドファンディングや投票、ゲーム内通貨などのユースケースで利用するための、特別なトークンの発行、カスタマイズおよびトレードが可能だ。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧