米大手銀Wells Fargoが読むビットコイン市場の現在と未来──「一時的な流行であれば12年も生き残れない」

投資レポートを公開

米大手銀行Wells Fargoは米7日、投資戦略に関するレポートを公開。ビットコイン(BTC)や暗号資産(仮想通貨)の可能性について触れ、BTCを初めとする仮想通貨は現在、投機対象として見られているが、この傾向は変わる(投機→投資)可能性があると論じた。

BTCについては今年170%価格が高騰し、過去3年はS&P500やゴールド(金)を上回るパフォーマンスだが、課題としたのは、価格変動の大きさだ。以下のグラフはレポートに掲載されているBTC(赤)、ゴールド(黄)、S&P500(グレー)のパフォーマンスの比較となる。

グラフが示しているBTCの価格変動の大きさを例に、仮想通貨市場について「1850年代のゴールドラッシュのようであり、現在はまだ投資というより投機的な側面の方が強い」と指摘した。

また、Wells Fargoは「仮想通貨という言葉は多くの投資家が聞いたことはあるが、購入したり利用している投資家は全体から比較するとほとんどいない」と指摘。仮想通貨全体の時価総額は、米株価指数S&P500で最も時価総額が高いテクノロジー企業の約4分の1しかないと説明し、「注目は集めているが、マネーの流入は多くない」のが現状であるとした。

一方、最終的には「過去12年で仮想通貨全体の時価総額が5600億ドル(58兆円)超まで増加していることから、投資マネーの流入も増え、いつか投資対象として価値を持つ資産になり得る。一時的な流行であれば、12年も生き残れない」と将来的には、金融マーケットでの受け入れが拡大する可能性に触れた。

レポートでは、2021年は投資市場において、よりデジタル資産が話題になる機会がでてくるだろうと、言葉を結んでいる。

参考:Wells Fargo

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します