CoinPostで今最も読まれています

ACINQがライトニングネットワーク対応のモバイルウォレットを開発

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトニングネットワーク対応のウォレット
ビットコイン関連プロダクトを開発しているスタートアップ企業のACINQが、ライトニングネットワークに対応した、モバイルウォレットアプリケーションの正式リリースを発表しました。
アプリケーションの誕生によって変わること
ライトニングネットワークの実装は現在のビットコインの取引とは別次元の速さで取引を行うことができ、ライトニングネットワークに対応したウォレットが誕生することで一気に現実世界の決済にも応用がなされると見られています。

スマホで簡単に仮想通貨の取引が可能になるか?

4月4に今後の仮想通貨業会の試金石となるような新たなプロダクトの開発が完了したと、スタートアップ企業ACINQから発表がなされました。

それが、ビットコインのライトニングネットワークに対応した、Andorid端末で利用できるモバイルウォレット“Eclair Wallet”です。

3月15日にライトニングラボが、ビットコインのメインネットにライトニングネットワークを実装したプロダクト「ライトニングデーモン」の最新版開発の発表からいち早い関連商品の誕生ということになります。

身近なスマホというデバイスに対応したアプリケーションが発売されたことで、ライトニングネットワーク、ひいてはビットコインの現実世界でのより広範な商取引への対応に期待が持たれています。

ライトニングネットワークの一つの大きな問題としてあったのがセキュリティに関するもので、仕組み上すべてがオンライン上で行われるため、ハッキング攻撃を受けやすいのではないかという懸念がありました。

そのため、ライトニングネットワークの単なる実装だけでなく、その仕組みに対応したウォレットの誕生が待ち望まれていました。

ただ、ライトニングネットワークのビットコインのメインネットへの実装すら。構想が寝られてから、数年が立っていますし、いまだ試験段階を出たわけではありません。 当然、ネットワークに対応したウォレットの開発にも数年を要するものと思われていました。

ですが、今回ACINQはいち早くの完成にこぎつけたのです。

ACINQとは

ACINQは、ビットコイン関連プロダクトを開発しているスタートアップ企業です。

主にビットコインが抱える問題の解決に寄与するようなプロダクトの開発に尽力しています。

最近ではスケーラビリティ問題の解決に関係する技術の開発に着手、2017年からはライトニングネットワークに対応するウォレットであるÉclairの初期版をリリースしていました。

今回5度目のアップデートでライトニングネットワークに対応した、今回のアンドロイド版モバイルウォレットアプリケーションの正式リリースとなっています。

まだiOS対応の正式な発表はまだですが、iPhoneもまた、世界規模で展開しているあモバイル端末です。今後の対応が予想されています。

現時点ではこのことに対する、その他企業からの動きはありません。

ですが、ライトニングデーモンの最新版リリースによってTwitterのCEOを含む既存の大手企業、投資家から250万ドルの巨額出資を受けたライトニングラボのように、ACINQも今回の発表によって巨額の出資を受け、事業規模を拡大していく可能性、そしてそのことによるサービスの発展への期待も持てます。

ライトニングネットワークの実装に関して

ライトニングネットワークは主にビットコインなどブロックチェーンによって下支えされている仮想通貨抱えるスケーラビリティ問題の改善に寄与するオフチェーンの解決方法として長らく注目を集めてきました。

そもそもビットコインでブロックの容量に限界があるため、取引量が増えてしまうと、取引速度に制限が出てしまう、またそのことにより取引手数料が増えてしまうという大きな問題を抱えていたのです。

そのスケーラビリティ問題解決のために提案されたのがオフチェーンによる解決方法です。

つまりビットコインのブロックチェーンの影響を受けない、ブロックチェーン外で決済を行い、その送金、受け取りの記録だけをブロックチェーンに書き込むことによって、取引速度を大幅に削減しようというものでした。

しかしながら、当初構想されていたオフチェーンの解決策はあくまで一対一の取引を想定しており、現在のような多人数で同時に行う取引を行うことには対応できないものだったのです。

そこで生まれたのがライトニングネットワークで、非常に簡略化して説明すると、トランザクションのつながりを網の目のように張り巡らせ、その中のいくつかの拠点を中継して取引を行うことで、同時にかつトラストレスで大量の取引を行うことができるという仕組みです。

ただ、このライトニング事態にも仲介役となるノードのセキュリティはどうするのかという問題が長らく解決されていませんでした。

ビットコインは簡単に言ってしまうと、秘密鍵の内部の情報を簡単に書き換えられてしまう、というプログラミング上のバグが存在していました。

それがマリアビリティ問題です。

もちろん致命的な問題であるため、解決策も比較的初期から講じられてきました。

それがsegwitです。

しかしながら、ビットコインはその莫大な市場価格によって、もはや当初サトシ・ナカモトが抱いていた理想だけでは立ちいかなくなっていたのです。

Segwitは画期的なシステムでしたがビットコインがそれまで持っていた、マイニングにかかるお金を減らす、マイナーに有利な仕様には対応していませんでした。

そのため、segwitを導入したいビットコインコア派と、マイニングに注力したい、マナーの間で対立構造が出来上がり、それがビットコインとビットコインキャッシュの分裂につながっています。

こうした問題があり、長らく、segwitの導入が行われてこなかったわけですが、2017年8月にやっとのことで導入され、ライトニングネットワークなど様々問題解決方法の実装に道筋が立ちました。

そんな中で20181年の3月15日に正式にメインネットに実装するプロダクトが発表され、そして4月4日に対応したウォレットのリリース発表がなされたのです。

まだ、実験段階を出ていませんが、ビットコインのスケーラビリティ問貝絵血に役立つ、ライトニングネットワークは2018年3月に美ttコインのメインネット正式に実装されました。

まだ、専門的な知識を有する人間が試験程度に運用できるレベルのものです。

実際にネットワーク実装にこぎつけたライトニングラボの運営自体も、ネットワークのリオ湯は少額かつ、自己責任で行うように、との通達を出しています。

また、一部プログラマーたちからは実装はまだ拙速ではないのか、という声が上がっているのも事実です。

こうした背景がある中で、Éclairウォレットリリースの発表がなされました。今後の実社会での運用にある程度の道筋が立ったと言えるでしょう。

アプリケーションの誕生によって変わること

ビットコイン実社会での利用の大きな壁となっていたのが、取引速度の遅さです。

当初の仕様から取引が完了するには10分程度の時間がかかる仕組みになっていました。

昨今の取引額の増加、そして現在も抱えるスケーラビリティ問題の影響で実際のところはそれよりもはるかに時間がかかるというのが実情です。

当然そのような速度では実際の商取引で使えるはずがありません。しかしながらライトニングネットワークの実装は現在のビットコインの取引とは別次元の速さで取引を行うことができます。

ライトニングデーモンのメインネットワークに対応した仕様変更から、多くの専門的な知識を有するユーザーがテストしたものを公開しています。

それを参考にすると、手続きの完了までに必要な時間はわずか数秒、しかもオフチェーンなので、基本的にビットコインの量に影響を受けません。

つまり、今後ライトニングネットワークがより広範の人、例えば一ビットコイン投資家レベルでも利用ができるようになれば、実社会での運用にぐんと近づくことになります。

そんな中大事になってくるのが、ライトニングネットワークに対応したウォレットです。セキュリティの問題だけではありません。

今のところ、現実社会での利用に適した例えばカードタイプの端末など、気軽にビットコインを運用できるものは存在していません。

今回のÉclairウォレットのように誰でも持っている端末で取引ができるようになれば、運用のハードルも下がるでしょう。

またライトニングネットワークの速度であれば、取引速度も十分、最終的にはおサイフケータイのように問題なく商取引の場面で、ビットコインを使える可能性が出てきます。

ライトニングネットワークに関しても関連技術を多くのスケーラビリティ問題を抱える仮想通貨が採用予定です。

Éclairはまだビットコインにしか対応していませんが、今後こうしたライトニングネットワーク対応通貨が増えれば、機能が拡充する可能性もあるでしょう。

スマホ端末一つで仮想通貨のやり取りができ、しかも現実世界ではビットコインやイーサリアムを使って、コンビニでおにぎりや飲み物が変えてしまう、果ては公共料金の支払いも可能になる、そんなロマンのある世界の誕生が近づいているかもしれません。

今後の動向に注目です。

Natee Meepian / Shutterstock.com

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧