CoinPostで今最も読まれています

北米最大の採掘企業、大量の最新型マイニングマシン追加購入に踏み切る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

最新機器装備が7万6000台に拡大

米ワシントン州に本拠を置く仮想通貨マイニング企業、コア・サイエンティフィック社(Core Scientific)が、マイニング機器メーカー、ビットメイン社とS19シリーズのマイニング機器5万8000台の追加購入契約を結んだことがわかった。

この契約により、同社は合計7万6024台のS19及びS19 Antminerを過去16ヶ月の間に購入したことになる。プレスリリースによると、この数は中国外に拠点を置くマイニング企業としては、世界最大のものだという。

最新機器の導入により、同社がホストする19シリーズのハッシュパワーは7.26EH/sとなり、約250mWの電力を使用するということだ。

CEOのKevin Turner氏は、すでに1万7000台以上のビットメイン社製の最新機器が、同社の施設内で安定し効率的に稼働しているとしていると指摘。「グローバルなハッシュレート競争に真正面から立ち向かい、北米最大のホスティングプロバイダーとしての地位を確固たるものにする上で、非常に有益だ」と述べた。

ビットメイン社公認の修理センター

また、コア・サイエンティフィック社は、北米唯一のビットメイン社公認のマイニング機器修理センターとなったことも発表した。認定を受けたエンジニアが、ビットメイン社の純正部品を使い、迅速な診断と修理を行うという。中国への国際配送が必要なくなるため、ダウンタイムの大幅な改善が期待されている。

世界のマイニング状況と米国

世界のビットコインのマイニング能力の分布を見てみると、依然として中国勢の支配力が強いことがわかる。

英ケンブリッジ大学の代替金融センター(CCAF)が作成した世界のビットコインマイニング地図のデータによると、世界のハッシュパワーの約65%を中国が占めており、米国は7.24%、カナダは0.82%に過ぎない。

中国がマイニングに強い理由の一つが、マイニング機器の大手メーカー2社(ビットメイン社とMicroBT社)が中国に拠点を置いていることだ。

この点について、コア・サイエンティフィック社の幹部は、マイニング機器向けのASICチップ製造メーカー(サムソンや台湾のTSMC)が、いずれは米国で生産を開始し、マイニング機器が国内で調達可能になると予測しているようだ。

マイニング関連の投資・顧問会社「Foundry」のCEO、Mike Colyer氏は、長期的みると米国が世界のマイニング能力の25%のシェアを獲得すると期待しているという。Colyer氏は、米国での仮想通貨マイニングのシェアを高めることは、世界のマイナー分布を多様化することによって、ビットコインネットワークの強化につながると主張している。

積極的な投資

マイニング事業の設備投資に強気の姿勢を見せるコア・サイエンティフィック社を、資金面で支えているのが、前出のFoundryだ。コア・サイエンティフィック社はFoundryから、最大2300万ドル(約24億円)の融資を受けることを今月9日に発表した。この融資額は、今年のマイニング業界における最大融資案件の一つなった。

Foundryは世界大手のブロックチェーン投資企業、Digital Currency Group(DCG)がマイニング事業投資のために設立した完全子会社。DCGはFoundryに対し、2021年の1年間に1億ドル(約103億円)を投資することを表明している。

市場でビットコイン需要がますます高まる中、ビットコインの供給源となるマイニング事業を組み入れることは、すでに多くのビットコイン関連事業に投資しているDCGの大きな企業戦略のうちの一つなのだろう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧