高騰中のビットコインに誘惑されるイーロン・マスク氏──MicroStrategy社CEOが購入アドバイス

 

「テスラもビットコインを購入するといい」MicroStrategy社CEO

米テスラ社のCEO、Elon Musk氏が価格が高騰しているビットコイン(BTC)に惹かれていることを示唆するツイートを投稿、これを受けてBTCを大量保有するMicroStrategy社CEOが、テスラも企業としてBTCを購入するよう誘っている。

Musk氏が、BTCに誘惑されていることを示すミームを投稿すると、MicroStrategy社のMichael Saylor CEOは次のように応じた。

株主に1000億ドルの利益をもたらしたい場合は、TSLA(テスラ)のバランスシートをUSDからBTCに変換するといい。するとS&P 500にリストされている他の企業も、あなたの後に続き、やがて1兆ドル規模の恩恵をもたらすだろう。

これに対し、Musk氏が「ビットコイン市場で、本当にそんなに大きな取引は可能なのか?」と質問、Saylor氏は「可能だ。私は過去数か月間にBTCを13億ドル以上購入した。オフラインで、その方法を共有することもできる」と返答している。

MicroStrategy社のビットコイン購入については、BTC注文を担当した、大手仮想通貨取引所コインベースがその手法を明かしている。

購入当時で合計4億2500万ドル(約443億円)にも相当したBTCを、市場に影響を与えることなく購入した方法について、複数の取引場所で実行される多くの小さな断片に分割する「スマートオーダールーティング」を挙げた。

企業のビットコイン巨額購入、どう行われた?──米Coinbaseが明かす取引手法
米MicroStrategy社のビットコイン大量購入を仮想通貨取引所コインベースが代行していたことが判明。その手法を明かすと共に企業による今後のBTC購入についても期待を示した。

イーロン・マスクのビットコインに対する姿勢

時価総額世界1位の企業を率いるイーロンマスク氏の発言は、業界内外で大反響を呼び起しているが、どこまで本気でBTCに魅力を感じているのかは不明だ。

Musk氏は過去にも仮想通貨についてジョークに近いBTC関連ツイートをしており、今回も「ビットコインは法定通貨と同じくらい、くだらないものだ」と発言している。

2020年1月には、キャッシュレス化が進む欧米社会において「ビットコインは実質的に現金の代替となり得ると見ている」と続ける一方で、「主要な経済的データベースとなることはないと考えている」と意見を述べた。当時、BTCについては「中立的立場」だと表明している。

Musk氏がビットコインを保有したの公に明らかになっているのは、0.25BTCが友人から送られてきた時のみで、自身で小額の購入も行なったことを明かしたことはない。

関連:米テスラのイーロン・マスクが仮想通貨に言及「ビットコインに対しては中立」

6.5億ドル相当のBTCを追加購入

今回、Musk氏をBTC購入へと誘いかけたSaylor氏が経営するMicroStrategy社は、今年に入ってから財務資産を部分的にBTCに変えたことで知られている。

同社はすでに計40,824BTCを保有しており、BTCの準備資産を最も多く保有している米ナスダック上場企業だ。12日はさらにBTCの追加購入を行うために、約670億円(6.5億ドル)を調達したことを発表した。

この夏に同社が購入したBTCの価格上昇による値上がり分は、過去3年半の本業利益を上回っている。さらにBTC購入発表以来、同社の株式も大幅に上昇。これについては、同社の株式を所有することが、BTCへの間接的なエクスポージャーを提供するからではないかという説もある。

一方で、米大手銀行シティバンクのアナリストはMicroStrategy社の株式に対する評価を引き下げた。「ビットコインに偏った株価戦略」もその要因として挙げた格好だ。

Saylor氏は、米ドルの価値下落リスクを警戒、発行上限を持つビットコインが価値の保存手段として優れていると主張している。

関連:企業のビットコイン巨額購入、どう行われた?──米Coinbaseが明かす取引手法

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します