企業のビットコイン巨額購入、どう行われた?──米Coinbaseが明かす取引手法

市場に影響を与えることなく大量にBTC購入

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を財務資産として巨額購入した米MicroStrategy(マイクロストラテジー)社のBTC注文を、大手仮想通貨取引所コインベースが担当していたことが明らかになった。

コインベースは、購入当時で合計4億2500万ドル(約443億円)にも相当したBTCを、市場に影響を与えることなく購入した方法をブログで説明している。

当社の高度な取引実行機能、仮想通貨取引プラットフォーム、およびOTC(店頭取引)デスクを使用して、市場を動かすことなく、大量のビットコインを購入することができた。

具体的には、単一の大きな注文を受け取り、それを複数の取引場所で実行される多くの小さな断片に分割する「スマートオーダールーティング」という手法が活用されたとしている。

20万件の注文に細分化

マイクロストラテジー社による、最初の2億5000万ドル(約260億円)のBTC投資は、5日間に渡って行われている。

人間のトレーダーが数百件の注文を入力、次にアルゴリズムがそれを20万件近くの注文に細分化して、平均の注文サイズは 0.3 BTC未満となった。

また、市場を混乱させないように多くの流動性プールにまたがって小規模な注文を発注したり、目立ったパターンを形成しないように注文のサイズやタイミングをランダムにするなどのテクニックを使用したという。

5日間に渡るトレードの最中には、マイクロストラテジー社と緊密に連絡を取り合い、市場の取引状況にもとづいて注文指示を変更。BTC価格が低い時には買い増しを行い、不適当に高い価格レベルでは注文をスローダウンさせた。こうした注文方法によって、大口購入の資金のうち、約425万ドル(約4.4億円)を節約できたとしている。

企業による今後のBTC購入にも期待

コインベースは、「より多くの企業が余剰資金をヘッジあるいは分散するものとして仮想通貨に目を向けて」おり、仮想通貨経済がさらに成長するターニングポイントになることを願うと表明。そして「資本配分戦略を多様化しようとする多くの企業をサポートすることを楽しみにしている」とアピールした。

マイクロストラテジー社は、企業向けビジネス情報サービスなどを提供する企業だが、今年の夏に38,250 BTCを平均価格1万1111ドルで取得。その後の価格上昇によって、過去3年半の本業利益をBTC投資による値上がり分が上回ることになり、話題を呼んでいる。

同社CEOのMichael Saylor氏は、「なぜゴールドではなくビットコインを選ぶのか」と聞かれ、ゴールドは毎年新たに採掘され供給量が増える可能性がある一方、BTCの供給量は、すでに2100万の上限が定められていることを挙げた。

関連: ビットコイン巨額投資のMicroStrategy社「長い時間軸であるほど投資先として適している」

米上場企業によるBTC購入は続いており、ツイッター創設者Jack Dorsey氏が経営するSquare(スクエア)社も10月に、当時の時価で5000万ドル(約52億円)相当のビットコインを購入したと発表。

この投資について、JPモルガンのアナリストは「ビットコインの将来への強い支持表明」だとして、スクエア社が追加投資を行う可能性についても指摘した。

関連: 金融大手JPモルガン「Squareのビットコイン投資は将来性に対する信頼」

著者:A.Yamada

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します