仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、ローンチ予定日が21年2月に再延期

Symbolのローンチ日が再延期

仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolのローンチ日が、コア開発者を含むコアチームとの合意により、予定していた21年1月14日から、2月まで延期されることがわかった。具体的な日程は後日発表するという。

延期に伴い、ネム価格は21.6円から一時18.8円まで急落した。

SymbolのXYMトークン受け取りの意思表明(オプトイン)は、権利確定日時(スナップショット)と同じ日で終了予定であるが、今回の延期を受け、スナップショットはネムのPOI(コミュニティ)投票にて決定される。

延期理由に関しては、「ストレステスト実施で発覚した新たな問題点」が要因だと説明。開発チームによれば、延期については、「Symbolを末永く成功させるため、適切にテストされた堅牢なプラットフォームを立ち上げる」という要件に基づいて決断されている。

公式情報はこちら

関連仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します