CoinPostで今最も読まれています

マーケットアナリスト:ビットコイン(BTC)の上昇トレンドが示唆されている

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マーケットアナリストは依然として強気予想
数ヶ月前のピーク時から大幅下落、下降トレンドの真っ只中にあるビットコイン(BTC)ですが、マーケットアナリストは、暴落の後に高値更新を続けてきた”BTCチャート”の歴史が証明しているように、このような「弱気相場」が今後も続くことは考えにくいと指摘しています。

マーケットアナリストは語る

仮想通貨市場のトレンドは、ビットコインの価格の上昇を示唆しています。

ビットコインの価格は低迷中で、7,000ドル(約73万円)台を推移。世界中の投資家が、世界最大の仮想通貨(BTC)がどのような動きを見せるかを注視しています。

現在の仮想通貨市場が、全体的に弱気傾向であることに異論の余地はないでしょう。

昨年12月の半ば、ビットコインは一時20,000ドル(約210万円)という高値に達しましたが、それが続くことはありませんでした。

悪材料も重なり、一時6,000ドル台まで下落、実に10,000ドル以上も価格を落とすなど、激しい値動きを見せています。

ただし、過去のビットコインチャートが証明しているように、このような”弱気相場”がこのまま続くことは考えにくいと思われます。

過去にも、中国での全面規制や「Mt.Gox」事件などで一時的な暴落の度に、ビットコインの価格は新高値を超えるようにして復調を遂げてきました。

デジタルマーケットプレイスと仮想通貨ウォレットを内蔵するインターナショナルコミュニケーションアプリや、独自通貨「NYNJAコイン」を発表した「NYNJA」のチーフストラテジーオフィサー「Marshall Taplits」氏のように、この問題に対し、明確に答えている専門家もいます。

彼は、Forbe氏のインタビューに対して、以下のように答えました。

「仮想通貨の価格を推測することは、容易ではありません。」

「ただ、BTCのトレンドは明確であり、これまでも、ゼロの状態から20,000ドルまでその価値を上昇させてきた経緯があります。」

「BTCの価格が大きく動くたび、メディア側は誤った解釈の報道を繰り広げてきました。」

「しかしながら、初期からBTCに投資をしている人たちは、30,000ドル(315万円)以上の価値があるものだと理解しています。」

LocalCoinSwapのチーフオペレーティングオフィサーである「Daniel Worsley」氏も、このような強気姿勢に同調しています。

「BTCほど、あらゆるブロックチェーンのテストを重ねてきたネットワークは存在しません。」

「その価値を貶めようとする”強力な敵対者”の攻撃に対しても、生き延び続けてきたことを意味します。」

「今年BTCが、以前記録した20,000ドルを超えたとしても全く不思議ではないのです。」

ビットコインの移ろいやすさは変わらず

もちろん、すべての専門家や投資家が、ビットコインに対して強気予想しているわけではありません。

例えば、ニューヨーク市立Bruch大学の金融部門の教授である「Christos Giannikos」氏は、ビットコインがスタンダードな存在になるためには、まだ多くの障壁が残っていると考えています。

彼は、Forbesの取材にこう説明しています。

「ビットコインの価格が資産価値に等しいことを保証するには不十分であるため、行動・期待の合理性はこのバブルを妨ぐ役割を果たしているとは言えません。」

同様に、OTE & COSMOTEのデジタルパートナーシップ、プロダクトパートナーシップセクションのマネージャーである「Dimitris Ioannides」氏のように、ビットコインの道筋を、まるで名作映画「ロッキー」の流れのように捉える専門家もいます。

「BTCがどのような結末になるかは誰にもわかりませんが、過去最大級の戦いに直面するであろうと予想できます。」

「各国の規制当局および政府、中央銀行は、ここにきて明確な期限を設けた上で、新たなルール制定に動き出しています。」

「ただ、一つだけハッキリしていることがあります。ビットコインの移ろいやすさは、今後も続くだろうということです。」

‘THE TREND FOR BITCOIN IS CLEAR – UP,’ SAYS MARKET ANALYST

APRIL 10, 2018 by ADAM JAMES

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧