次週注目ファンダにイーサリアムOptimism──ビットコイン採掘速度は続伸

注目ファンダとBTC市場情報

注目ファンダとビットコイン(BTC)ハッシュレート推移、チャートについて解説する。

イーサリアムの処理性能改善策Optimismの事前版のリリースへ

2021年1月15日予定

イーサリアムのレイヤー2プロジェクト「Optimism(オプティミズム)」が実用化に向かって進んでいる。「事前版メインネット」というトライアル版の実施を1月15日に開始する予定となっている。発表によると、「事前版メインネット」はDeFi(分散型金融)プラットフォーム「Synthetix」に導入し、テストと監査を行う予定となっている。

また、メインとなるパブリック版のメインネットのリリースに関しては、3月15日を予定している。

関連仮想通貨イーサリアムの処理性能改善策「オプティミズム」が実用化へ

BTCハッシュレート推移とチャート

2020年12月27日~2021年1月2日

先週のBTCハッシュレートの最低値は2020年12月28日の130.9TH/s(前週比97.6%)、最高値は2021年1月2日の143.3TH/s(前週比104.7%)となった。

BTCハッシュレート推移

一方でBTC価格の最低値は2020年12月29日の約267万円(前週比116.5%)、最高値は2021年1月2日の約312万円(前週比123.3%)を記録。

BTC価格チャート

2020年12月28日頃よりハッシュレートは大きく上昇した。その後、BTC価格は緩やかに上昇し、再び最高値を更新する結果となった。

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します