CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン下落の背景は?──仮想通貨時価総額は一時27兆円減

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン下落で全面安

11日のビットコイン反落を受け、全面安の様相となる仮想通貨市場。

仮想通貨市場全体の下落を受け、全体時価総額は、約24時間で-25%の2592億ドル減(27兆円減)となった。

時価総額の減少は、市場ドミナンスで70%を超え、市場規模が膨れ上がったビットコイン(BTC)が一時前日比20%安を超えたことが大きく影響した。

売りが広がった背景には、①急ピッチな価格高騰に伴う利益確定売り、②米実質金利やドルがブルーウェーブ(民主党支配)以降に反転、③規制当局の警告やマスメディアの報道論調の変化などがある。

ビットコイン市場は、急落時の反騰の強さからも買い意欲の強さを示してきた一方、アルト市場への強い資金循環で暴騰する銘柄が続出、個人投資家の関心高も17年バブル水準に近くなど、市場心理における過度の強気(陶酔状態)にある足元の過熱感が示されていた。

株式市場同様、新高値更新時にレジスタンスライン(上値抵抗線)の存在しない真空地帯で売買されることから買い優勢となりやすい市場環境の中、高値更新が続いたビットコインも、20年3月のコロナショック時の安値から10倍高(テンバガー)に達するなど、反動下げリスクを嫌気した利益確定売りの見方も強まった。

当時、短期移動平均線>中期移動平均線>長期移動平均線とローソク足が「パーフェトオーダー」を示すなど強い買いシグナルが続いていたほか、ここ数ヶ月では短期天井を示唆した後の調整期間も異例の短さを観測するなど、市場心理として強烈なFOMO(置いていかれる恐怖)を中心とした買いが加速していただけに、地合い悪化後の投機的な資金抜けへの警戒感も今後高まることが予想される。

過熱感をデータで確認すると?

なお、個人投資家も取引を活発化し、大商いとなった年末から年始の仮想通貨市場について、データ分析を行うDilutionproof氏が最新データを公開した。

Dilutionproof氏は11日のツイートで、ビットコイン市場の過熱感をグラフ化したBPTチャートで、過去のバブル相場に匹敵するBPT7(オレンジの水準)に達したと説明。17年バブルの時は、この水準に達するまでに複数の価格調整があったとした上で、現在の市場の過熱感が極端に高まっている可能性を指摘している(2013年の高騰時に類似)。

仮に、今回の下落を価格調整として、再び反騰した場合、バブル相場の天井付近に位置するBPT8(赤の水準)に達する価格は、46500ドル(484万円)付近になるという。

Dilutionproof氏は、統計データとしては、過去のビットコインバブル相場の様相と類似点があるとした一方で、BPT分析の欠点を過去の価格ヒストリカルデータのみを参照して算出したものであることから、機関マネーの流入や量的緩和政策の影響など、現在の市場環境を考慮できない点にあると参考時の注意点を説明している。

メディアも論調を変化

また、11日のビットコイン急落を受け、これまで価格高騰を連日報道していた経済メディアも、警戒感に関する報道や、売り時に関する内容が続いている。

ブルームバーグは、11日のニュースで、「揺らぐ仮想通貨ブーム」のタイトルの上で、「仮想通貨バブルが今にも崩壊するのではないかとの懸念が強まっている」と下落について報道

JPモルガン・チェースは、再び申請されているビットコインETFの誕生で、資金が集中するGrayscaleの投資信託に影響が出ると指摘。機関投資家の投資目的となっているプレミアムに影響が出るなど、ビットコインの短期的な売材料になる可能性があるとした。

ビットコイン市場に投資する申請を行う投資運用会社グッゲンハイムのScott Minerd首席投資責任者も11日、「BTCは3万5000ドル(約360万円)というターゲットを超えた。パラボリック(放物線的)な上昇は短期的には維持できないだろう」と投資家に対し、利益を確定するよう促すコメントを発表した。

グッゲンハイム、現在のビットコイン市場に資金を投じるか

なお、総額30兆円超の資産を運用する大手グッゲンハイム パートナーズは、米グレースケールが提供するビットコイン投資信託(GBTC)を通して最大5億ドル(約520億円)をBTCに割り当てる可能性があることを昨年SECに申請しており、2021年1月31日よりそれが有効になる予定だ。

「米NYウォール街の巨人」とも称されるグッゲンハイムがGBTCを通して間接的にBTC投資を検討していることが分かったのは2020年11月末。同社の「Guggenheim Macro Opportunites Fund(マクロ機会ファンド)」において、純資産の10%となる最大5億ドル相当をBTCに割り当てるための書類をSECに提出した。

関連米大手投資運用会社グッゲンハイム、ビットコイン投資を検討

申請書では、ベンチマークに制約されることなく、幅広い確定利付証券に投資する柔軟性があり、変化する市場環境の機を見て投資チームが確信を持っている他の資産クラスに投資する戦略を持っていると説明。GBTCに純資産額の最大10%を投資することにより、間接的にBTCへの投資機会を求める可能性があるとしていた。

なお、マクロ機会ファンドは同社の完全子会社を介してGBTCに投資するが、GBTC以外では、間接的にも直接的にも暗号資産(仮想通貨)に対する投資は行わないと付け加えている。

グッゲンハイムのScott Minerd首席投資責任者は先月、同社のファンダメンタルズ分析(「希少価値とゴールド価値との関係性」という2つの要素)に基づくと、BTC価格は長期的に40万ドル(約4100万円)まで上昇するとの見解を示したが、上述の通り、現在の短期的な高値圏への警戒を強めている。

ビットコイン関連商品に投資が可能になる2月からの資産運用には、注目も集まっている。

関連BTC、2万ドル突破前後で起きた3つのこと──過去最高値・年初から約3倍に

英FCAの警告

英国の金融行動監視機構(FCA)が暗号資産(仮想通貨)企業に向けてメールを送信、ライセンス登録を申請していない企業は、1月10日までに事業を停止する必要があると警告。消費者に向けても注意喚起を行なっていることがわかった。

FCAは公式サイトで、未登録の企業は1月10日以降、違法に営業していることになると指摘し、取引所などを利用する際は、まず「金融サービス登録簿または仮登録会社リストに掲載されているかどうかを確認する必要がある」と消費者に促した。

また、消費者に向けては、同時に仮想通貨の投資リスクについても警告。

仮想通貨関連の投資では、何か問題が発生した場合に補償が受けられず「すべてのお金を失う可能性」があるとして、価格変動性の大きさや、製品の複雑さ、手数料の高さなどのリスク要因を挙げている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。
11/30 木曜日
18:11
トークンブリッジ「Wormhole」 330億円を調達、Web3市場で今年最大規模
ブロックチェーン間互換性技術を手掛けるWormholeが330億円を調達。Web3エコシステムにおける今年最大級の動きとなり、ブレバン・ハワードやJump Tradingなど著名投資家が参加。ハッキング被害からの回復力も示し、新たな製品投入に期待が高まる。
16:03
「DOGE-1」月探査プロジェクト、SpaceXロケットで実現へ一歩前進
暗号資産(仮想通貨)ドージコインで資金調達した「Doge-1」月探査ミッションは、SpaceXロケットでの打ち上げを年明けに予定。プロジェクトを率いるジオメトリック・エナジー・コーポレーションが、規制承認の進捗を明かした。
14:30
Web3ゲーム「Big Time」、Bithumbに新規上場
暗号資産(仮想通貨)取引所BithumbがBIGTIMEとSTMXの新規取扱を発表。BIGTIMEはWeb3ゲームで、先月に米Coinbase(コインベース)に上場を果たした。韓国市場への進出が注目されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア