NY証券取引所上場予定のBakkt、仮想通貨XRPは取り扱わない方針

XRPは取り扱わない

インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下のデジタル資産取引プラットフォームであるBakktは、仮想通貨(暗号資産)XRPについて今後も取り扱わない方針であることを明らかにした。オンラインメディアAxiosのポッドキャストにBakktのCEOが出演、自社の事業展開の中で、取扱い銘柄にも言及した。

XRPを使用したプロダクトを提供する米スタートアップのRipple社は現在、過去のXRP販売を巡って米証券取引委員会(SEC)から提訴されている。

XRPとその取扱いを停止しているコインベースの話題についてポッドキャストで質問が行われた際、マイケルCEOは、質問を遮り「我々のプラットフォームでは(XRPを)取り扱わない」とのみ繰り返し強調。Ripple社が提訴されていることが理由なのか、とした質問に対しては、具体的な言及は避けた。

我々はビットコインを通じて暗号資産に参入し、以来(ビットコイン)が最初に取り扱った通貨になった。そのほか(アルトコイン)は製品開発の一環として登場することが予定されている。しかし、XRPは取り扱わない。

Bakktはビットコインの先物、オプション取引、カストディサービスなどを提供しており、XRPを含めたアルトコインについては取扱いを行っていないと見られる。IPOではなく、SPAC(特別買収目的会社)を利用してニューヨーク証券取引所に上場する予定となっている。

大手取引所で軒並み不採用

仮想通貨(暗号資産)関連企業としてBakktよりも先に上場を果たすと当初見られていた米取引所のコインベースもまた、XRPの取り扱いを現在停止している。

そのほか、BinanceUSやOKcoin、Bittrexなどの大手取引所もサービスの停止や上場廃止などを決定していることから、米国でのXRPの存在感低下は必至とみられる。

XRPを巡ってはRipple社に対するSECの提訴後に、XRPを取扱っていた取引所やRipple社に対し複数の訴訟が起こされている。

特に取引所への上場等を目指す暗号資産事業者は、XRPの取り扱いについてそういったリスクを意識せざるを得ない状況だ。

関連:米取引所コインベース、顧客から損害賠償などを求め提訴される

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します