仮想通貨の価格変動、金融投資家の参入障壁に=FT

ボラティリティを不安視

メインストリームの投資家の間で、暗号資産(仮想通貨)市場に参入することに迷いが生じていると、フィナンシャル・タイムズが報じた。

最近のビットコイン(BTC)の値動きを見て、改めて価格変動(ボラティリティ)の大きさを懸念する声が聞かれている。

仮想通貨バブル以来の高騰を見せたBTCの価格は、過去最高値を更新して4万ドル(約415万円)台に到達していたが、その後に反落。11日には高値から1万ドル近く下落して、3万1000ドル(約320万円)を記録した。14日7時の時点では3万5000ドル(約360万円)台を推移しており、高いボラティリティの市場環境が続いている。

関連BTCに強い売り圧力、二番底を探る展開に

報道によると、資産運用企業「UBSアセット・マネジメント」のストラテジストは最近のBTCの値動きを受け、「高いボラティリティや過去の価格の下落幅を考慮すると、投機目的の投資家にとっては仮想通貨は魅力的な資産である。しかし安全資産やポートフォリオを多様化するための資産には適していないというのが我々の考えだ」と述べた。

一方、BTCは他の資産とリターンの相関性が低いため、ポートフォリオの多様化に利用できると考える投資家もいる。米仮想通貨投資ファンドBitwiseがプロ投資家に行なった調査では、仮想通貨をポートフォリオに組み込むメリットは「他の資産とリターンの相関性が低いこと」とした回答が1番多かった。

関連Bitwiseのプロ投資家調査、今後5年間でビットコイン「10万ドル超え」を回答した人の割合は?

この意見に過去のデータから反対する意見もある。JPモルガンのアナリストNikolaos Panigirtzoglou氏は、「BTC価格は下落時などで株価と連動する傾向があるため、株式投資のヘッジには利用できない」と指摘している。

強気な見方も紹介

フィナンシャル・タイムズは、DRWの仮想通貨投資部門Cumberlandの幹部Chris Zuehlke氏が、2020年の最後の5カ月間はBTCの購入量が新規供給量を約3倍上回っていたと指摘していることなど、強気な見方も紹介した。

強気な見方としては、ビットコイン投資ファンドの立ち上げを新たに発表したSkyBridge Capitalの創設者 Anthony Scaramucci氏が12日、「BTC価格が4万1000ドル(約425万円)の時にFOMO(乗り遅れたくない心理)を感じていたなら、今が購入する大きなチャンスだ」と独自見解をツイート。今月立ち上げたBTCファンドを引き合いに出し、「これから機関投資家が参入する」と述べた意見を掲載している。

関連米SkyBridge、ビットコイン特化の投資ファンド立ち上げ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します