好調の仮想通貨ポルカドット(DOT)、月間騰落率130%を記録

仮想通貨Polkadot、前日比+36%の急伸

暗号資産(仮想通貨)Polkadot(DOT)の価格が急伸している。

直近24時間で8.14ドル(約850円)から11.15ドル(約1160円)まで値を上げ、36%超の騰落率を記録。30日間では+130%と高騰している。

出典:CoinGecko

DOTは異なるブロックチェーンの相互運用性を実現するプロジェクトで利用される仮想通貨。好材料を背景に昨年末から騰勢を強めており、データプロバイダーCoinGeckoでは現在時価総額5位となっている。

関連ポルカドットにDeFiエコシステムの保険市場 DOT価格は前週比で一時100%高を更新

Polkadotのプロジェクトは昨年5月にメインネットがローンチし、その後も様々なユースケースを生み出すための開発が続いている。Polkadotに関するプロジェクトをサポートするために1000万ドル(約10億円)のファンドを設立したバイナンスによると、300超のプロジェクトが進行中とのこと。

さらに時価総額1位のビットコイン(BTC)をトークン化し、分散型取引所(DEX)やステーブルコインの発行、レンディング等で活用できるようにするプロジェクトも現在進められており、注目が集まっている。

今年はこのBTCをトークン化した「PolkaBTC」のローンチも控えており、13日にはベータ版がもうすぐローンチされることが報告された。今回の価格高騰の背景には、プロジェクトの開発が順調に進んでいることに対する期待の高まりもある模様だ。

また仮想通貨取引所BitrueがDOTの取り扱いを開始し、年利7.3%でステーキングサービスを提供していることが材料視されているとの見方もある。

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

ステーキングのデータサイト「Staking Rewards」によると、ステークされている数量を米ドルに換算した価値では現在DOTが1位となっていた。

日本企業もテストネット参加

日本のブロックチェーン企業「ステイクテクノロジーズ」が開発するパブリックチェーン「Plasm Network」が、世界で初めてPolkadotのテストネット「Rococo V1」に接続されたことも13日発表された。

Plasm Networkが今年の活動として最も高い優先順位をつけているのが、Polkadotのメインネットに接続し、dApps(分散型アプリケーション)の拠点になることだ。その目標に向けて大きく前進した格好で、テストネット接続後もネットワークは問題なく稼働していると説明。

Plasm NetworkがPolkadotのテストネットに接続されたことは昨年すでに発表されているが、その際に接続されたのは1つ前のバージョンの「Rococo V0」だ。

テストネットの原型だったV0とは違い、V1はテストネットの最新版で、接続された各ブロックチェーン間の合意形成においてPolkadotと同じコードで稼働するため、仕組みや完成度が大きく異なる。ステイクテクノロジーズの渡辺CEOは「V1に世界で初めて接続されることは、V0に初めて接続されるよりもはるかに大きな意味を持つ」と言及している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します