The Motley Fool、10倍銘柄候補でビットコイン投資助言 約5億円の自社購入も予定

The Motley Foolも参入

アメリカの金融顧問およびオンラインメディアを運営するThe Motley Fool社が5.3億円(500万ドル)相当の仮想通貨ビットコインを購入する予定を発表した。

The Motley Foolは有名な金融顧問企業で、英語や日本語の投資関連メディアも運営している。ビットコインを購入することについて、SNSにその理由を掲載。ビットコインの将来性に関して、「ゴールド(金)よりも有効な価値の保存手段」、「価格が安定すれば送金手段になり得る」、「インフレーションのヘッジ手段になり得る」との3点を挙げた。

The Motley Foolの行っている投資アドバイスについて、「一般的に株式投資では、最低でも30銘柄の株式を少なくとも5年間、分散保有することを推奨するが、ビットコインも長期的ポートフォリオの分散化に役立つ資産になると考えている」と説明した。

The Motley Foolがビットコインを買うのは、同社の「10Xキャンペーン」の一環だという。「10X」とは、今後5〜15年の間、ポートフォリオが10倍以上になりえる投資機会をリサーチし、クライアントに助言する金融ソリューションだ。今回ビットコインの購入について、「長期的機会にフォーカスするため、短期的ボラティリティは懸念していない」とし、「10Xの会員がビットコインを買うまでに我々は先に買わない」とポジションを保有する前のアドバイスである点を明確にした。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します