億万長者ビル・ゲイツ氏、ビットコインに対する「現在のスタンス」を語る

ゲイツ氏の見方は?

億万長者のビル・ゲイツ氏の暗号資産(仮想通貨)ビットコインに対する考えに、多少の変化が生じている。

CNBCの金融番組Squawk Boxに出演したゲイツ氏は、自身がビットコイン(BTC)を所有していないことを明かし、ビットコインに対する立場は中立であると回答した。

ゲイツ氏は2018年、ビットコインの価値を全面的に否定していた人物。誕生日にビットコインをもらった際はすぐに売却し、「容易に空売りできればそうしたい」とコメントしており、Squawk Boxでの発言で変化が見られている点に注目が集まっている。今回の取材では、現在のビットコイン市場で空売りする意欲はないとも回答している。

一方、投資意欲については否定的で、ビットコイン市場の先行き不透明性を理由に挙げた。「ビットコインのボラティリティ(価格変動率)が激しく価格の方向性を予測することが難しい」としている。

また、「お金のデジタル化と送金コストの削減はゲイツ財団が途上国で進めていることでもある」とコメントして、ビットコインのコストを引き下げる送金手段としての魅力も伝えた。

ビル・ゲイツ氏は大手IT企業マイクロソフトの共同創設者。一位のアマゾンの元CEOジェフ・ベゾス氏、2位のテスラのイーロン・マスクCEOに続く形で、世界の億万長者番付で現在3位に位置する。(ブルームバーグ2021年2月17日のランキング)

テスラ社が先日、総額15億ドル(1,600億円相当)のビットコインを購入したことを発表。S&P500に入る大手上場企業がビットコインに投資したことを受け、米マスコミも大きく注目し始めており、著名人へのビットコインに対する立場や見解を質問する機会が増えている。

最近では、マイクロソフトのBrad Smith CEOへのCNNの取材で、ビットコインの購入計画に関する質問が見られた。Smith氏、現在は購入の検討はしていないが、「もし将来ビットコインの投資方針に変われば、すぐ伝える」とコメントしている。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します