仮想通貨取引所バイナンスやFTX、コインチェックなどがAWS障害の影響で一時ダウン

AWS障害の影響を受けた取引所

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の高騰時に、アマゾンウェブサービス(AWS)のシステム障害を受けていた取引所が複数あったようだ。

ビットコインは19日夜から20日の早朝にかけて大幅に続伸し、56,000ドル(約590万円)を突破するなど強勢を見せた。一方、19日23時〜20日1時の間、バイナンスやFTX、コインチェックなどの取引所は相次いで障害の報告を上げていた。

  • 23時06分、コインチェック
  • 23時46分、FTX
  • 0時、GMOコイン
  • 0時59分、バイナンス

一部のユーザーがSNSにウェブサイトやアプリへのアクセス問題を投稿。現在、一部の取引所はすでに復旧している。

障害の原因について、ITmedia NEWS などは「障害が起きたのは、東京近郊にあるAWSのデータセンターの一つ。サーバの冷却システムへの電力供給が正しく行われず、サーバルームの1区画の温度が上昇した結果、クラウド計算環境「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)の一部インスタンスの電源が落ちた」と報道した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します