英BCBグループ、企業対象にビットコインなど仮想通貨購入と管理支援サービスを開始

BCB Groupが新サービス開始

イギリスの暗号資産(仮想通貨)交換業者BCBグループが19日に、企業の仮想通貨購入を支援するための資金管理サービスを開始した。

同サービス名は「BCB Treasury」で、財務戦略として仮想通貨をポートフォリオに組みたい企業を対象に、仮想通貨の取引、保管、管理を代行するサービスだ。

このサービスの最初のクライエントは、ドバイに拠点を置く広報・広告会社のFalcon Corporate Services FZCだ。同企業のCEOであるOliver von Landsberg-Sadie氏によれば、BCB Treasuryを通じて、全体の75%にあたる企業資金をビットコインに交換したという。これは、数百万ドル(数億円)に値する規模となっている。

今月には、イーロン・マスク氏が代表を務めるテスラ社が約15億ドル分のビットコインを購入したと報告したことや、MicroStrategyがビットコインを追加購入するために10.05億ドルを調達したことなど企業がポートフォリオにビットコインを組み込む事例が相次いで散見された。

今回BCBグループが開始した新サービスなどを皮切りに、企業による仮想通貨市場への参入がより促進される可能性がある。

著者:A.Sakamoto
参考:BCB GROUP

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します