GMOコイン、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスを開始へ

ステーキング第一弾はテゾスに

暗号資産取引所を運営するGMOコイン株式会社は、3月1日よりステーキングサービスを開始することを発表した。第一弾はテゾス(XTZ)となり、詳細な情報は後日公開するとのことだ。

GMOコインはステーキングを以下のように説明している。

ステーキングとは、プルーフ・オブ・ステークを採用しているアルトコインの保有者が報酬を得ることができる仕組みで、ビットコインにおけるマイニングに相当するプロセスです。

仮想通貨のステーキングサービスについて国内では、Lisk(LSK)のステーキングサービスをコインチェックやビットフライヤーなどの取引所が提供している。

テゾスの場合は、リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)というアルゴリズム(誰もがブロック生成に参加でき、他者に自分の権利を委任することもできる仕組み)を採用しているためステーキングを行うことが可能だが、テゾスのステーキングにあたってはトークン保有量などに様々な条件があり知識が必要となるため、個人で行うにはハードルが高いという側面がある。(GMOコイン参考)

しかし、現在一部の取引所や第三者サービスで提供されている間接的にステーキングを行うことができるサービスを利用することで、複雑なセットアップなどの手続きを行うことなく一部のステーキング報酬を得られるメリットがある。

著者:t.tenporin
参考:GMOコイン株式会社

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します