世界初のイーサリアムETF実現するか カナダで申請事例

イーサリアムETF

カナダで、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのETF(上場投資信託)が新たに申請されたことがわかった。

カナダの資産運用企業CI Global Asset Managementが「CI Galaxy Ethereum ETF」目論見書を規制当局に提出し、仮に承認されれば「世界初のイーサリアムETFになり得る」としている。ティッカーシンボル「ETHX」としてトロント証券取引所(TSX)に上場する予定だ。

米仮想通貨投資企業Galaxy DigitalがCI社のサブアドバイザーを務め、ETFの裏付け資産であるETHの取引を代行で行う。イーサリアム(ETH)の価格は、「Bloomberg Galaxy Ethereum Index」というイーサリアム指数を基準に運用する。

直近、カナダではビットコインETFが相次いで承認され上場していており、アルト銘柄での実現に注目が集まる。カナダのETFでは、「Purpose Bitcoin ETF(BTCC)」と「Evolve Bitcoin ETF(EBIT)」が先週TSXに上場した。特にBTCCは上場した二日目で、出来高はTSXで取引されている他のETFより約3倍ほど高く記録するなど、投資家からの仮想通貨ETFの需要を映している状況だ。

BTCCのビットコイン運用資産は取引開始から2日で、すでに約450億円の資産規模に達している。米国市場の規模で例えれば、1つのETFが2日間で8,000億円の資産を増やしたほどのスピードに匹敵する、とブルームバーグのアナリストEric Balchunas氏はそのニーズの高さを例えた。

カナダでは仮想通貨ETFが順調に進められているが、米国市場では、2017年からビットコインETFの棄却が続き、実現には至っていない。

著者:菊谷ルイス
参考:CI Global Asset Management

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します