テザー社が声明、仮想通貨500BTCの支払い求める脅迫を受け

テザー社に500BTCの恐喝文

テザー社は1日、公式ツイッターで匿名の人物から約24億円に相当する暗号資産(仮想通貨) ビットコイン(BTC)を身代金として要求する脅迫を受けたことを公表した。犯人らは明日まで指定のBTCアドレスに500BTCを送金しなかった場合、「ビットコインのエコシステムに害をもたらす」書類をリークすると脅迫している。

テザー社は恐喝の報告と合わせて、同社の資金を管理する担当銀行のバハマDeltec銀行とのやり取りを模した書類が流通していると述べた。同社は、このような書類は偽物と断じた上、500BTCの「身代金」を払わない姿勢を示した。

テザー社は今回の身代金要求は「惨めな試みだった」と述べる一方、規制当局に連絡するなど然るべき措置を取ると説明。捜査当局への協力姿勢を明らかにしている。

テザー社は、「今回の脅迫文はテザー社を対象にしているが、その他の仮想通貨企業もターゲットしているかは不明」としつつ、テザー社の顧客や仮想通貨界隈の投資家に警戒を求め、セキュリティ対策を実践するよう呼び掛けた。

NY州司法当局と和解から1週間

テザー社は先週火曜日、訴追から1年半以上経った後に米ニューヨーク司法当局(NYAG)と和解に至っていた。Bitfinex社と関連会社のテザー社は不正行為を認めなかったが、1850万ドル(約19億円)を支払い裁判に終止符を打ったばかりだった。

度々裏づけ資産の実態が取り沙汰されてきたが、テザー社の発行するステーブルコインのテザー(USDT)は仮想通貨市場でも重要な位置を占めているのは周知の事実だ。

CoinPost提携メディアのThe Blockのデータによれば、ステーブルコインの発行数と取引量は過去3年間で右肩あがりが続いている。

全体で見ても21年2月におけるステーブルコインの取引量は初めて3600億ドル(約38兆円)を突破、その内約25兆円分はUSDTの出来高だった。

出典:The Block

発行枚数で見てもテザー(USDT)の発行量は群を抜いている。2月末時点で、テザーは2位のUSDコインの5倍近い流通量(約3.7兆円)の規模を誇る。(紫がUSDT、ピンクがUSDC)

出典:The Block

21年1月にはテザー社の資金を管理するDeltec銀行のGregory Pepin副最高経営責任者が仮想通貨ポッドキャストの「Unchained Podcast」に出演。発行されているすべてのUSDTが「裏付け資産にバックされており、その裏付け資産総額は流通するUSDT(の発行枚数)を上回る」と述べていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します