新チェーンSymbol思惑でネム90円台まで高騰、エンジンコインなど個別銘柄の循環物色進む

ネムが高騰

暗号資産(仮想通貨)市場では、ネム(XEM)が年初来高値を更新。 コインチェックの販売所価格では、前日比30.6%高の91円台まで高騰した。

新チェーンSymbolのローンチ、及びスナップショットが迫っていることが材料視され、出来高も急増している。Zaifのチャートで確認すると、円建ての過去最高値は、18年1月に記録した244.6円。

XEM/JPY週足(Zaif)

かつてカタパルトと呼称された「Symbol」は、開発者、企業、個人向けに設計された、次世代のエンタープライズに適応したブロックチェーン。4年間に渡る開発の集大成であり、主要なマイルストーンとして位置付けられる。

Symbolローンチは21年3月15日(月)頃、スナップショット日は、21年3月12日(金)9時50分頃(ブロック高:#3,105,500)に予定される。

新通貨「XYM」は、権利確定日時であるスナップショットを基準として、トークンホルダーのXEM保有量を保存、権利が確定する。NEM保有数に応じて、Symbolローンチと同時に1:1の比率で分配される仕組みだ。

オプトインは意思表示であり、スナップショット前に保有XEMを全て売却してしまうと、SymbolのXYMを受け取る権利は得られない点には注意したい。なお、新ブロックチェーンのSymbol(XYM)が誕生した後も、既存のNEMブロックチェーン「NIS1」は継続して稼働することになる。

出典:NEM公式

ロードマップとプロモーション

最新のロードマップは、以下の通り。

出典:NEM公式

プロモーションの一環となる国際トレード大会は、Wave 2(第2弾)までにBinance、Huobi、OKEX、Bithumbといった大手取引所でも実施される、賞金付きのネム(XEM)のトレードコンペティションだ。現在はネム(XEM)であるが、Symbolローンチ後の第3弾は、Symbol(XYM)で開催予定としている。

これに伴い、XEMの通貨ペア上場数も増加しており、相場の追い風となっているものとみられる。

公式サイトでは、Symbolのオプトインをサポートする取引所として、コインチェック、bitFlyer、GMOコイン、DMMBitcoin、Zaifが名を連ねるほか、すでに新通貨(XYM)上場予定の取引所も、老舗のPoloniexを筆頭に続々と判明している。

出典:NEM公式

関連:ネム新通貨「Symbol(XYM)」国内取引所の対応一覧と注意点

また、金融庁と日本経済新聞主催のFIN/SUM2021では、NEMグループのデイビッド・ ショーCEOが、3月16日(火) 11:00-11:20 (JST)に登壇予定となっている。

詳細:仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

ビットコイン相場

ビットコイン(BTC)価格は、前日比-1.0%の522万円(48,670ドル)に。5万ドルで反落して以降、揉み合っている。

個別銘柄では、ビットコイン(BTC)の調整局面でも、ネム(XEM)のように相関せず上昇するコインも少なくない。国内上場コインでは、ベーシックアテンショントークン(BAT)が前日比10.8%高となったほか、NFT(ノンファンジブルトークン)市場の活況を受け、エンジンコイン(ENJ)が前日比29%高と強さをみせるなど循環物色されている。

関連:コインチェック、国内初銘柄のEnjin Coin(ENJ)を取扱い開始へ

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

一部アルトへの資金流入が著しい反面、ビットコインやイーサリアムは高騰の反動で大きな調整を余儀なくされている。そのような状況にあるなか、海外のアナリストのLivercoin(@livercoin)氏は、ビットコイン建ての「ETH/BTC」ペアにおけるアダム&イブのチャートパターンとトレンドラインの抵抗線上抜けを指摘。注目に値するとした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します