カナダで3つ目のビットコインETF(上場投資信託)が承認

カナダで更なるビットコインETF

カナダで、再び暗号資産(仮想通貨)ビットコインのETF(上場投資信託)が承認されたことがわかった。同国3番目のビットコンETFの承認となる。

同ETFを提供する企業CI Global Asset Managementは公式発表で、規制当局がビットコインETF「BTCX」を承認したと発表。3月9日よりトロント証券取引所への上場を予定している。

BTCXに関しては、米大手仮想通貨投資企業Galaxy DigitalがCI社のサブアドバイザーを務め、裏付け資産であるビットコインの運用を代行で行う。また、ビットコイン(BTC)の価格は、Galaxy Digitalとブルームバーグが共同で提供する「Bloomberg Galaxy Bitcoin Index」の指数を基準とされるという。

現在、トロント証券取引所ではすでにBTCC(一番目)とEBIT(二番目)という2つのビットコインETFが取引されている。出来高の最も高いBTCCのビットコイン運用資産は5日付けで、11,445 BTCとなっており、直近1週間の流入額は停滞している模様だ。

出典:Glassnode

関連グレースケール投信の「マイナス乖離」が過去最低の-10%台に、ビットコイン市場に及ぼす影響は?

イーサリアムETF

ビットコインETFのほか、CI社は先月末にイーサリアム(ETH)のETFの申請も行っている。

イーサリアムETFの提供は、投資企業Evolve Fundsの申請例を含め2例あり、「世界初のイーサリアムETF」が実現するか、投資家の注目が集まっている。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します