CoinPostで今最も読まれています

スイスフィンテック企業Taurus、DeFi(分散型金融)のAaveと提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

TaurusとAave提携

スイスのジュネーブに本拠を置くフィンテック企業Taurusは3月8日、DeFi(分散型金融)レンディング・プロトコルのAave(アーべ)と戦略的提携を結んだと発表した。Aaveプロトコルを自社のデジタル資産インフラに統合することで、顧客である銀行や取引所が直接、暗号資産(仮想通貨)の預け入れや借入、貸出を行えるようになった。

Taurusの公式発表によると、DeFi分野との架け橋を築く決断を後押ししたのは、「リスク調整されたリターンの新たな供給源」を求める銀行や機関投資家から需要の高まりだったという。

統合内容

Taurusは、同社のカストディ製品である「Taurus-PROTECT」、およびスマートコントラクト発行・運用プラットフォーム「Taurus-CAPITAL」に、Aaveプロトコルのバージョン1と2を統合し、機関投資家がAaveプロトコルの機能にアクセスできるようにしたという。

Aaveプロトコルでは、仲介業者なしに流動性プール内の仮想通貨の借入と貸出が可能。金利は流動性の供給と借入需要に基づいて決定されるが、一般の預金金利より高く設定されている。個人投資家だけではなく機関投資家にも利用されており、Taurusに統合されることで分散型のバックエンドインフラを提供する。

今回のシステム統合により、Taurusの顧客は、仮想通貨の入出金をはじめ、幅広い資産の借入や、Aaveトークンの取得などが円滑に行えるようになる。

Taurusのマネージング・パートナーLamine Brahimi氏は、Aaveプロトコルを「確かな実績と堅牢なリスク管理を備えた、世界をリードするプロトコル」と高く評価。顧客の要望を受け、DeFi分野に参入するにあたり、自然な選択だったと述べている。

Taurusについて

2018年に設立されたTaurusは、金融機関や企業向けに、総合的なデジタル資産のインフラを提供している。カストディをはじめ、トークン化された証券や仮想通貨の発行や管理、10以上のブロックチェーンに対応したノード&インデックスSaaS、機関投資家向けの仮想通貨取引サービスなどのインフラソリューションを提供している。

スイスにおいて仮想通貨分野に参入した銀行の半数は、Taurusのシステムを採用しているという。同社の顧客には、仮想通貨銀行のSygnum BankとSEBA Bank(両行とも金融市場監督機構から銀行業の認可を取得)をはじめ、Arab Bank Switzerland、投資企業Vontobelなどが名を連ねる。

Aaveについて

Aaveプラットフォームにロックされている仮想通貨は、執筆時現在54.2億ドル(約5,900億円)の規模で、DeFiプラットフォーム別の預け入れ金額ランキング(TVL)では、Maker、Compoundに次いで3位となっている。

直近では、米仮想通貨取引所最大手のコインベースが発表した、ニューヨーク州居住者向けに取引を提供する13のDeFi銘柄にAaveが含まれている。

また、米仮想通貨投資企業Bitwiseが、先月、新たにローンチしたDeFiインデックスファンド(適格投資家対象)にも、UNI(25.14%)に次いで23.37%の比率で組み入れられている。インデックスに組み入れられる条件としては、出来高やカストディのサポート、プロトコルの脆弱性などが考慮されており、月ごとに組成銘柄調整が行われる。

同インデックスファンドはローンチ後2週間で、機関投資家から約35億円の投資資金を集めるなど、好調な滑り出しを見せており、DeFi分野への投資に大きな関心が集まっていることがわかる。

関連:DeFi(分散型金融)指数ファンドに機関投資家集まる 2週間で約35億円の流入

さらに米大手仮想通貨投資企業のグレースケールも、新規の仮想通貨投資信託を検討しているが、その23の銘柄の中に、Aaveが含まれていることがわかった。

Aaveは昨年8月、英国金融行動監視機構(FCA)より、DeFiプロトコルとして初めて「電子マネー機関」としての運営ライセンスを取得。イギリスで法定通貨から、直接、仮想通貨そしてDeFiへアクセスできる仕組みが整うことになった。

関連:DeFiサービスへ法定通貨の流動性を 英FCAがAaveに電子マネー機関ライセンスを付与

数多いDeFiプロジェクトの中でも有望視されているAaveプロトコルが、スイスの金融機関から信頼されるTaurusとの提携で、今後どのように成長していくのか注視していきたい。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧