米コインベース、今年初上場事例── SUSHI(スシ)などアルトコイン3銘柄

コインベースPro今年初の新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProがアルトコイン3銘柄の新規上場を発表した。2021年初の新規銘柄上場となる。

今回新たに上場するのは、MATIC、SKL、SUSHIの3銘柄。当初、SUSHIのほうはニューヨーク州の居住者に対応しないという。

流動性の条件を前提に、取引の開始時間が3月11日9時(PT)からと設定。取引可能なペアは、MATIC/USD、MATIC/BTC、 MATIC/EUR、MATIC/GBP、SKL/USD、SKL/BTC、SKL/EUR、SKL/GBP、SUSHI/USD、SUSHI/BTC、SUSHI/ETH、 SUSHI/EUR、SUSHI/GBPとなる。

コインベースは昨年下半期より積極的にDeFi関連銘柄の上場を実施、現在YFIやBAL、SNX、AAVE、BNTなど多くのDeFi関連銘柄も取り扱っている。

直接上場(DPO)は今月中か

ブルームバーグは、株式の直接上場(DPO)を準備するコインベースが3月中にナスダックに上場する可能性について報じた。

ブルームバーグの情報筋の内容によると、コインベースは早ければ、今月中に上場する見通しだ。推定時価総額は、ナスダックプライベートマーケットで取引されている非公開株から算出される時価総額が、1,000億ドル(約10兆円)近くの規模まで達する可能性が浮上しており、業界企業の上場事例として、いま最も注目される動向となっている。

一部のシェアは375ドルまで取引されており、高い需要が見受けられているが、個人も気軽に取引できる仮想通貨取引所FTXの独自コインベース株式トークンでは、450ドルというプレミアムがついて取引されている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します