仮想通貨取引所Gemini、ENJを含むアルトコイン7銘柄が新規上場

Geminiの新規上場

米仮想通貨取引所およびカストディアンのGeminiがアルトコイン7銘柄の新規上場を発表。DeFi(分散型金融)およびNFT関連の銘柄となる。

今回上場したのは、ENJ(Enjin)、BNT(Bancor)、1INCH(1inch)、SKL(SKALE)、GRT(The Graph)、LRC(Loopring)、SAND(The Sandbox)との7つで、入金サービスは開始されている。取引も間もなく始まる予定だ。

法定通貨建ては、USD、GBP、EUR、CAD、AUD、HKD、SGDという7つの法定通貨に対応する。

発表によると、今回の新規上場銘柄が追加されたことで、Geminiは計33銘柄の取引およびカストディに対応した。ニューヨーク州においては、初めてSANDと1INCHトークンの取引およびカストディにも対応可能な「規制されたプラットフォーム」となった。

Geminiは以前の新規上場で、COMPやUNI、YFIなど複数のDeFi銘柄を新たに採用している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します