軟調な仮想通貨市場も、個別ではLSK前週比+42%高、新通貨XYMは70円台まで続伸

ビットコイン相場

24日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比-1.13%の592万円と続落。調整色を強めている。

株式市場では、日経平均株価が前日比530円安と大幅続落。米国株も軟調で、欧州圏での新型コロナウイルスの感染再拡大懸念などから経済回復への思惑が後退、景気敏感株を中心に大幅下落した。官製バブルの過熱感への反動が警戒されているほか、期末を控え、ポジション調整の動きも出ているという。

ビットコインのオプション市場では、26日(金)に26億ドル相当のコールオプションと28億ドル相当のプットオプションが期限を迎える。Max Painは44,000ドル。

出典:Deribit

ブロックチェーン分析企業CryptoQuantによると、23日12:00(UTC)頃 、CoinbaseProから約8億円相当の14,666BTCが移動した。KiYoung Ju CEOは、Coinbase Custodyウォレットへの資金移動と機関投資家による押し目買いを示唆した。

関連:ビットコイン、米コインベースから14,666BTCの大口出金か

オンチェーンアナリストのWillyWoo氏は、コインベースにおける米国の存在感を示し、「現時点で未公表の機関投資家など、押し目で大口が購入している可能性を示唆するデータ」だと強調した。

Glassnodeのデータでは、仮想通貨取引所の預入額が減少の一途にあり、ファンダメンタルズは比較的健全な状態にあることがわかる。

出典:Glassnode

ビットコインを大量保有するMicroStrategyの共同創設者であるMichaelSaylor氏は以前、「全世界が株式や債券、現金やゴールドに取って代わる価値を探している。」と述べ、代替資産としてビットコインに白羽の矢を立て、Tesla、Square、StoneRidgeなどの主要企業がこれに続いている。

個別銘柄の動向

17日に仮想通貨(XEM)の大型アップグレードで誕生した新通貨シンボル(XYM)が、世界最大手取引所バイナンスで権利保有者に付与された。

関連:バイナンス、ネムの新通貨Symbol(XYM)をユーザーに配布

coingeckoのチャートを参照すると前日比6.66%高の71.5円を付けており、旺盛な買い意欲を確認出来る。

XYM/JPYチャート

XEM価格は前日比2.07%安の39.4円であるが、両通貨の合計額は110.9円に達することから、一部に限定された市場における参考価格ではあるものの、現時点では権利確定前の直近最高値、約90円を大きく上回っている計算となる。

一方、現時点では出金制限が掛けられておりバイナンスでは売買出来ない。また、Zaifやコインチェックなどの国内大手取引所では、金融庁の承認が下りていないため、権利保有者に対する付与の目処は未定のままとなっている。まずは上場後の初値売りによる売り圧力やその後の買い圧力が試金石となりそうだ。

国内上場銘柄では、仮想通貨(LSK)がここへきて堅調さを見せ、前週比+40%、前日比+13%の519円まで続伸した。

BittrexでLSK/USDTペアの取り扱いが開始された。

21年5月21日から22日にかけて、開発者向けのオンライン・カンファレンス開催を発表した。最新のアップデート内容やブロックチェーンアプリのショーケースなどが明かされる。

これに先駆け、LSKのMax Kordek(@maxkordek)氏は20日、来週開始予定のYouTubeチャンネルで、LSK関連トピックに言及することを発表。コミュニティ及びホルダーの質問に答えるAMA(Ask Me Anything)を予告しており、これも材料視された可能性がある。

関連:リスク(LSK)とは?ロードマップと将来性を解説|Lisk Japan寄稿

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します