CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨Lisk(リスク)基本概要

Liskは、Max Kordek(@maxkordek)とOliver Beddows(@karmacrypto)により開発されたブロックチェーンアプリケーションプラットフォームです。

登壇するmax-kordek

2016年5月24日(現地時間)、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で14,000BTCを調達し、最初の「Genesis Block」が作成されました。Lisk自体はスマートコントラクトを持っていませんが、Liskサイドチェーン上に設置する事が可能です。

Liskの特徴

Liskの大きな特徴として、数行のJavaScriptでSidechain(Privatechain)を構築できる事が挙げられます。

Sidechainの実装はまだ行われていませんが、既にリリースされているLisk SDKを使いPrivatechainの作成が可能です。Liskは今の状況を「Blockchain技術を最大限生かせる活用事例探しの期間」と捉え、Delegateを始めとした多くの開発者達へ、このLisk SDKを使い様々なPoCに取り組んでもらえるよう呼び掛けています。

PoCとは「概念実証」の意味で、新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした検証やデモンストレーションを指します。

通貨コード LSK

承認アルゴリズム Delegated Proof of Stakes(DPoS)
発行上限 なし
Block生成サイクル 約10秒

Block生成報酬の変化(現在は2LSK)

  • 2017年 – 5LSK → 4LSK
  • 2018年 – 4LSK → 3LSK
  • 2019年 – 3LSK → 2LSK
  • 2020年 – 2LSK → 1LSK
  • ※2020年以降のブロック生成報酬は1LSK固定

Liskの報酬減期について

Liskは、2016年にGenesis Blockが作成されて以降、1年に1度Block生成報酬が1LSKづつ減っていましたが(3,000,000block毎)、2020年10月に予定される「報酬減期」を迎える事で、それ以降は1LSK固定となります。

ユーティリティトークン”LSK”

「LSK」はユーティリティトークンの名前となり、Liskエコシステムを活性化する為に存在しています。このユーティリティトークンはLisk Blockchainでの取引手数料の支払いに使用されます。

Liskの将来性

仮想通貨Liskに関するロードマップの内容を解説します。

Lisk公式ロードマップ

Lisk SDKの開発スケジュール変更について

2020年2月11日にLisk SDK(ソフトウェア開発キット)の開発スケジュール変更が発表されました。

以前までは想定されていた各SDKのバージョン毎にAlphanet, Betanet, Testnet までテストを行い、その後Hard-forkと共にMainnetリリースと言う開発スケジュールでしたが、変更後のスケジュールではNetwork Longevity(想定バージョン5.0.0)迄はBetanetリリースで開発を切り上げ、次のバージョン開発へ移行します。

これによりHard-forkを1回で完了する事が可能になり、デリゲートや取引所等へ負担・コストを削減し効率よく開発を行うことが可能となります。現在はv3.0.0がBetanetへのリリースを完了したため、既にv4.0.0の開発に入っています。

v4.0.0は動的料金の実装のみの予定となっていましたが、開発が順調に進んでいることもあり、本来であれば次のバージョンとして開発される予定だった新DPoSも合わせて現在開発が行われています。

v4.0.0がBetanetへリリースされるとv5.0.0の開発が始まりますが、v5.0.0がBetanetへリリースされると既にBetanetまでリリースが完了しているSDKv3, v4, v5を纏めてTestnetでテストを行います。ここで問題なければHard-forkを行いMainnetへリリースされ、同時にSDK StageのAlphaが完了します。

SDK StageのAlphaが完了すると、最後のBlockchain Interoperabilityの開発に入ります。ここでサイドチェーンが実装される事になります。

List SDK v3.0.0

このバージョンの主な目的は、BFT(Byzantine Fault Tolerance)の実装となります。

BFTが実装される事により、今までLiskでは実装されていなかったファイナリティが導入される事になります。BFTが実装されていない現在は、Liskネットワークに参加している全ノード(約300ノード/ノードとはメインネット上でのトランザクションを同期しているマシンの事)の50%以上を信頼する方式を採用していますが、LiskHQが運用するノードも含め前述の通り300近くのノードが存在する為、これらの50%を掌握することはほぼ不可能です。

List SDK v4.0.0

このバージョンの主な目的は「動的料金」と「新DPoSにおける投票システム」の実装となります。

動的料金とは手数料の非固定化を意味し、価格などの状況に応じてトランザクションにおける最低手数料を変化させ、適切な手数料を維持させようという仕組みとなります。

例えば現在の送金手数料は0.1LSKですが、0.1LSKで固定されていると価格が高騰した際の手数料が非常に高くなってしまうというデメリットがあります。手数料が0.1LSKで固定されていると、1LSK/10,000円になった場合0.05LSK(500円)の送金でも送金手数料に1,000円かかる計算になり、適切な送金手数料を維持する事ができません。

具体的には過去20件の平均ブロックサイズをもとに手数料計算が行われます。計算式は以下の通りです。

最低手数料 = 過去20件の平均ブロックサイズ x 10-5 (10-5 = 10のマイナス5乗)

1ブロックの最高サイズは150KB=15000bytesとなる為、仮に過去20ブロックに渡りフルブロックが続いた場合(1ブロックの最高サイズである15000bytesが20ブロック続いた場合)でも、手数料の最高額は0.15LSKとなる。逆に1ブロックの最小サイズは125bytesとなり、この最小ブロックが20ブロック連続した場合の手数料は0.00125LSKとなります。

但し、手数料の低下は当然セキュリティとトレードオフとなり、言い換えると1250LSKを持つ悪意のあるユーザーが約100万のトランザクションをブロードキャストして、100万の新しいアカウントを作成できることを意味します(現在24万アカウント)。その為、新規アカウントに最小残高である0.05LSKを設定し、この金額以上の残高が無いと送金できないようになっています。

投票システムの変更とは、今まで投票者が1つのアドレスから最高101人まで投票できた投票システムを、今後は最大で10人、且つ、投票する際に自分が保有しているLSKを最低でも10LSKをデリゲートへのdelegate weightとして投票し、投票したLSKは投票解除(unvote)後5時間30分経過するまでロックされるというシステムとなります。

またデリゲートは保有LSKのうち最低10%を自身に投票する必要があります。そして「デリゲートの自己投票*10」と「他者からの総投票LSK+デリゲートの自己投票LSK」を比較し少ない方がdelegate weightとして採用されます。この際にデリゲートが恩恵を受けるdelegate weightは

delegate weight = minimum { 10 * delegate self-vote , sum of all votes for the delegate }

で表す事ができます。例えばデリゲート立候補者Aの自己投票が250LSK、そのデリゲート立候補者Aへ投票された総LSKが3,000LSKの場合、以下の計算となります。

例)

Delegate has 250 LSK self-votes and 3000 LSK other votes:

delegate weight = 2500 LSK = min {2500 LSK, 3250 LSK}

つまり、デリゲート立候補者Aへ沢山の投票があったとしても、自己投票LSKが少ないとデリゲート立候補者Aのdelegate weightは低いものとなり、結果的にデリゲート立候補者Aが当選する確率は低くなります。

当選確率を上げる為には自己投票LSKを増やす必要があり、また自己投票したLSKは最低でも30日間(26,000Block)はロックされます。

以上の事からわかる様に、この新しい投票システムが実装されるとLSKを大量に保有しているデリゲートは、自分が保有しているLSKを安易に売却できなくなります。

また、投票者も保有しているLSKを売却してしまうと還元報酬が減ってしまいます(還元報酬は投票した量に比例する為)。これらの理由から売り圧は減る事が予想され、結果的にLiskのエコシステムを維持する為のユーティリティートークン(LSK)の価値を高める事が可能となります。

さらに2020年9月には最後の報酬減期が訪れ、デリゲート報酬はそれ以降1LSK固定となってしまう為、市場に出回るLSKが少なくなる事も価値を高める要因の1つです。LSKの価値を高め、デリゲートへの報酬単価を上げる事は質の高いエコシステムを維持する為に必要不可欠です。

List SDK v5.0.0

このバージョンの大きな目的はLisk ID(アドレス)、Block ID、Transaction IDの変更となり、主に「ハッキング防止強化」「チェックサムの実装」「衝突耐性の強化」の実装となりますが、ここではLisk ID(アドレス)に特化した説明を行います。

アドレス形式は公開キーのSHA-256ハッシュの160bitと、BIP173で提案されたBCHコードによって生成された30bitのチェックサムを使用します。具体的には現在の「16293716040102736949L」と言ったアドレスから、先頭に「lsk」を付けた合計41文字のアドレス「lsk24cd35u4jdq8szo3pnsqe5dsxwrnazyqqqg5eu」への変更となります。

現在のIDシステムの利点はアドレスが短く分かりやすい事ですが、

  • パスフレーズとアドレスの関係が n:1 のため、衝突耐性が低く公開鍵を紐づける必要がある。
  • エラー検出システムが実装されていない為、間違いに気づかず1文字でも間違えて送金してしまうと別のアカウントへ送金されてしまうこと(アドレスを間違えて送金した場合、取り戻す手段はない)

といった欠点がありましたが、これら欠点を改善することでセキュリティレベルを向上させます。

チェックサムはBCHコードを実装しているためエラー検出が可能となり、このバージョンが実装されると今後はアドレス打ち間違いの際に間違った文字列が指摘されるようになります。

開発環境

Lisk SDKを使用して、Blockchain Applicationの作成ができます。SDKとは「ソフトウェア開発キット(Software Development Kit)」の略で、LiskSDKではJavaScriptのみでBlockchain Applicationを構築することが可能です。

Lisk SDKはNodeJSランタイムで動作するApplication framework「Lisk Framework」、Blockchain Application機能を提供するライブラリコレクション「Lisk Elements」、および開発者がLiskを管理できる強力なCommand Line Interface「Lisk Commander」で構成されています。主な特徴は以下の通りです。

1. オープンソース

Liskプラットフォームを無料で構築し、コミュニティが作成した一連のツールを利用できます。

2. Modular Architecture

オールインワンツールキットを使用して、わずか数分でブロックチェーンアプリケーションを簡単に構築し、ユースケースの要件に合わせてカスタマイズできます。

3. JavaScript

このプログラミング言語の人気、アクセシビリティ、および柔軟性を活用してください。複雑なプログラミング言語を学ぶ必要なく、ブロックチェーンアプリケーションを記述します。

4. 焦点を絞った開発者の経験

Lisk SDKはBlockchainの複雑さを可能な限り軽減し、開発初心者でもブロックチェーンアプリケーションの開発を理解しやすくします。

開発者支援(Lisk Builders Program)

Lisk SDKを使用して、概念実証Blockchain Application(PoC)を構築する開発者を支援しています。

概念実証Blockchain Applicationを開発するための5,000 CHFを支援します(1回限り)。

完全な所有権の維持

提出されたApplicationに対し、全ての権利を開発者が保有できます。

Lisk SDKでビルドする

全ての概念実証Blockchain Application(PoC)は、Lisk SDKを使用して独自のBlockchainで開発する必要があります。

複数回適用する

Lisk Builders Programには複数回応募できます。

取り扱いのある国内暗号資産取引所

以下、仮想通貨リスク(LSK)を取り扱っている、国内の著名な暗号資産取引所と、保管用の仮想通貨ウォレットを紹介します。

取引所名 ペア通貨
コインチェック JPY
bitFlyer JPY
オーケーコイン・ジャパン JPY

安全で高機能なLisk Wallet

Lisk Wallet

LSKを購入した際は、ビットコイン(BTC)も保管可能なLisk Walletでの保管をお勧めします。

MobileとDesktopの2種類があり、OSはiOS, Android, Mac, Windows, Linuxが選択可能です。またLSK以外にBitcoin(BTC)も安全に保管・送金が可能で、LSK⇄BTCのWallet切り替えも簡単・スムーズに行えます。

Lisk WalletではLSKのTransactionを始めDelegateへの投票、Networkの監視、2nd passphraseの設定、Delegate登録、Lisk Blockchain Explorerとして機能し、Sidechainが実装されると、このWalletからダイレクトに分散型取引所(DEX)との取引やICO、自分だけのBlockchainの作成が可能になる予定です。

PC版では、下記ハードウェアウォレットのサポートが可能です。

  • Trezor One
  • Trezor Model T
  • Ledger Nano S
  • Ledger Nano X

CoinPostの関連記事

仮想通貨リスクの仕組みから紐解く「コインチェック新サービスの重要ポイント」=LiskJapan寄稿
仮想通貨取引所コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスの提供を発表。預り資産であるLSKの一部を運用するというが、実際どのような仕組みなのか?その仕組みを徹底解説。
仮想通貨Lisk、高騰率で日本の取扱い銘柄1位に 年初から295%高
日本の取扱い仮想通貨銘柄で今年最も高い騰落率を記録しているリスク(LSK)。年初からの騰落率では295%高と仮想通貨市場全体の銘柄の中でも好調だ。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア