CoinPostで今最も読まれています

NFTはバブルなのか?NFTの価格形成要因とは(後編)|CoinGecko Japan寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

*本記事は、Understanding the Hype behind Non-Fungible Tokens (NFTs)の内容を日本語に翻訳、要約したものです。

前編はこちらからご覧頂けます。

B) NFT はどのように評価されるのか?

多くのNFTは、クリエイターが最初に設定する最低基準価格を持っています。また、基準価格がなく、オークションのみで決定されるものや、市場の投機的な需要によって決定されるものもあります。

NFT価値評価における最大の問題は、NFT業界には未だ信頼できるベンチマークがないことです。NFTは、ユニークなものもあれば、シリーズ化されているものもあります。

NFTのカテゴリーが違えば、市場の力も異なります。また、この業界がまだ非常に発展途上であることも助けになりません。

NFTは投機的な性質を強く持つため、定量的な指標を提供することはほとんど不可能です。しかし、質的な面では同じことが言えます。

以下は、私たちがリサーチの通じて発見した、人々がNFTに求める価値や特徴のリストです。

1. 歴史的意義

クリプトの歴史に名を残すNFTは、多くの収集家が重視するポイントです。その良い例がCryptoPunksで、間違いなくこの分野で最初の重要なNFTアートの1つです。

2017年、NFTは自由に配られていましたが、今ではレアな作品は100万ドル以上の値で売られるようになりました。最近のCryptoPunkは、なんと760万ドルで売られています。

2. ブランディング

ブランドは消費者に強い影響力を持ち、市場での認知度を高めることで、より高い認識的価値を生み出すことができます。例えば、NBA Top Shotは、レブロンのダンクシュートを撮影したNFTクリップを20万ドル以上で販売しています。

3. 収集家が好む特徴

収集家が好む特徴を完全に分類するのは簡単ではありません。その多くは、収集家が大切にしている社会的バイアスや先入観に関係しています。

しかし例えば、「社会的に好まれるID」を持つNFTを持つことは重要な要素です。最近では、「Aavegotchi Portal」が、史上二番目に発行されたポータルであるという理由で、60,000GHST(初値100GHST)で販売されました(取引はショップではもう見ることができません)。

4. 希少性

もっとも説明が必要な点であろう。存在するものが少ないほど、価値が高いと感じられます。

これは単純な数学であり、他人が手に入れられないものが欲しいという人間の基本的な性のようなものでもあります。

5. 新しさ/アイディア性

人は誰よりも早く物事に取り組みたいものです。新しい仕組みやシステムは、特にそれが新しくてユニークな製品である場合には、大きな話題を呼ぶ傾向があります。

その好例が、NFTアートにネーミングの仕組みを導入したHashmasksです。発売段階では、アートが公開される前に、ユーザーは自分のNFTに名前を付けることができました。

最初の2日間で、16,384枚のハッシュマスクはすべて完売しました。

6. 大衆との関係構築能力

先述した「最も希少なPepe Meme」が良い例です。繰り返しになりますが、これは(「ザ・シンプソンズ」の)ホーマーに影響を受けたNFTアート作品で、32万ドルで販売されました。

ホーマー・ぺぺは、ジョー・ルーニーが2016年に開発し、2018年に開催された「Rare Art Labs Digital Art Festival」で展示された収集品プラットフォーム「Rare Pepe」のユーザー生成カードです。価値が高い理由は他にも考えられますが(例:歴史的意義)、その成功の一端が、クリプト業界との親和性にあることは否定できません。

結局のところ、ミームは、クリプトコミュニティ全体の活力源なのです。

7. 感情的な共鳴

感情的な共鳴は、個人の好みや感傷的な価値観に帰結します。OpenSeaのプラットフォームで最近購入された一つの作品がこれを象徴しています。

ダニーと名乗るツイッターハンドルの@seedphraseは、マンハッタンを拠点とする著名なアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアにちなんだ「バスキア・スタイル」と、何層にもわたる「主観的な希少性」を理由に、ハッシュマスクを65万ドルで購入しました。

8. 実用性

機能的な目的を持つNFTは、定量的な価値を持っています。例えば、Aavegotchiでは、DeFiとNFTを組み合わせて、イールドファーミングにインセンティブを与えています。

獲得できるGHSTの量は、所有するAavegotchiの希少性に左右されます。仮にあるAavegotchiが毎月1,000ドル分のGHSTを稼げるとすると、購入希望者はその金額を参考に最低価格を決めることができます。

ここで注意したいのは、それぞれの特性にどれだけの重みがあるかは、あまり検討がつかないということです。さまざまな理由で成功したNFTは、たいていこれらの特徴を1つ以上持っています。

しかし、これらの特性をより多く持っているNFTは、成功する可能性が高いように思われます。

C) まとめ

現在のNFT市場はバブルなのでしょうか?市場の動向を見ると、NFTがもてはやされている理由は数多くあります。

それは社会学的なものであったり、外的要因による市場参加者の消費傾向の変化であったり様々です。最近の爆発的な成長の主な要因の一つは、やはり社会的な批評によるものかもしれません。

先ほど説明したように、NFTはファンダメンタルズがないため、客観的に評価することができず、株式や通貨、トークンのように扱うことができません。ある人にとっては1ドルの価値でも、別の人にとっては100ドルの価値があるかもしれません。

諺にもあるように、美は見る人の目の中にあるのです。とはいえ、これはこの業界が投機的な要素を多く含んでいることを意味します。

問題は、現在の需要を主導しているのが真の収集家やユーザーなのか、それとも利益を得るために人為的に価格を吊り上げているNFTトレーダーなのかということです。もし後者であれば、バブルである可能性が高くなります。

最終的には、後から参入したNFTトレーダーが購入した商品をより高い利益で売ることができなくなり、売りが増加することでバブルは崩壊するでしょう。

一方で、NFT業界は、2019年の収縮後、飛躍的な成長に向けて準備を進めてきました。2020年を通して、スマートコントラクト上の取引は買い注文が売り注文の4倍以上であり、より多くのNFTが投機的資産として保管されるのではなく、本来の目的(ゲームのやりとりなど)のために活用されていることを示唆しています。

また、消費者の習慣の変化やグローバルな市場動向も、NFTをより多くの人々にとって魅力的なものにしています。

バブルというよりも、NFT業界は活発な価格発見モードに入っているようです。一般ユーザーは、これまでになかった新しい形のユースケースを日々目にしています。

既に、Kings of Leonのような有名ミュージシャンがアルバムをトークン化し、最大級のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaで販売するなど、NFTが複数の業界を揺るがしています。

ある面では「バブル」と感じるかもしれませんが、その批判を正当化するにはまだデータが少なすぎます。時間だけが解決してくれるでしょう。

企業紹介

CoinGecko

CoinGeckoは仮想通貨マーケットのデータを分析、提供するグローバルリーダー企業です。

価格情報やチャートに加え、取引高、時価総額、DeFiや分散取引所(DEX)のランキングや上場企業のビットコイン保有ランキングまで。常に最新かつ最重要なマーケットデータをユーザーの為に提供しています。

これらのデータを通して、仮想通貨ユーザーや企業のより正確な理解が進むことを目指しています。CoinGeckoサイトはこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧