仮想通貨USDTの裏付け資産、テザー社が報告書を公開

裏付け資産の報告書を公開

ステーブルコイン「USDT」などを取り扱うテザー社が、暗号資産(仮想通貨)を発行する際の裏付け資産に関する報告書を公開した。

今回の報告書は2021年2月28日付で作成されている。監査企業Moore Caymanは「この時点で保有する連結資産は、発行されるデジタルトークンの裏付けとして必要な資産の量を上回っている」と報告。裏付け資産がどのように保管されているかは記されていない。

テザー社については今年2月、関連会社である仮想通貨取引所Bitfinexと共に、8.5億ドル(約938億円)の不正融資疑惑を巡る裁判でニューヨーク司法当局(NYAG)と和解したことが分かっている。この際、テザー社の裏付け資産に関するレポートを開示することに合意しており、市場で長期に渡って懸念されてきたUSDT発行の透明性を高める情報開示が行われることが決まっていた。

関連テザー裁判、和解へ

今回報告された2月28日時点の連結資産は352.7億ドル(約3兆8900億円)超で、裏付け資産を表す連結総負債は351.5億ドル(約3兆8780億円)超。連結総負債のうち、351.1億ドル(約3兆8740億円)が「デジタルトークンの発行に関する金額」だと説明している。

Moore Caymanはこの金額を提示し、「テザー社とグループ企業が保有する資産は、発行したデジタルトークンを償還するために必要な額を上回っている」と保証した。

CoinPostが提携する仮想通貨メディアTheBlockからコメントを求められたテザー社のStuart Hoegner顧問弁護士は、「発行されているトークンは全て、常に資産に裏付けられている」と回答。

裏付け資産の内訳については、「ステーブルコインのUSDCなどと同様に、現金と現金同等物だ」と説明した。

テザー社は四半期ごとの報告書も開示することになっているため、Q1(1〜3月)の裏付け資産についても、これから公開される予定となっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します