米大手外食チェーンChipotle、1,100万円相当のビットコイン配布キャンペーンを開催

Chipotleのビットコイン付与キャンペーン

米大手メキシコ料理チェーンChipotle(チポトレ・メキシカン・グリル)が、「ナショナル・ブリトー・ディ」を記念すべく、10万ドル(約1,000万円)相当のビットコイン(BTC)のプレゼントキャンペーンを行うことを発表した。

ナショナル・ブリトー・ディは、毎年4月の第一木曜日に行われ、キャンペーンは1日から始まる。Chipotleは30日に公式SNSで「ビットコイン欲しい人?」と題して、キャンペーンサイトを投稿した。

同キャンペーンでは、参加者が6桁の番号を最大10回憶測する数字当てゲーム「Burritos or Bitcoin」を開催。3名に270万円分のBTCが、50名に5.5万円分のBTCが抽選されるという。

Chipotleは今回のキャンペーンで、仮想通貨開発者のStefan Thomas氏(リップル社の元CTO)とコラボレーションした。Thomas氏は21年1月、当時350億円に相当するビットコインが入ったウォレットのパスワードを失念するなどのハプニングもあったとされる。

ナショナル・ブリトー・ディでは、10,000個のブリトー(10ドル相当)も配られる。

Chipotleはプレスリリースで、「同キャンペーンは、米国のレストランブランドが、初めて顧客に仮想通貨を無料で配布する事例」と説明。以前、カナダのKFCやロシアのバーガーキングでは、類似したキャンペーンが行われた事例がある。

著者:菊谷ルイス
参考:Chipotle

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します