セクシー女優・波多野結衣、最先端技術活用でデジタル写真販売へ【NFT】

波多野結衣、デジタル写真販売

人気セクシー女優の波多野結衣が8日、NFT(ノンファンジブル・トークン)を活用して、自身の写真販売を手がけることを発表した。

NFTによって、唯一無二性を担保したデジタルアート「NFT作品」が脚光を浴びるなか、上原亜衣や波多野結衣など、日本のセクシー業界からも本格的にNFT作品の販売を手がける事例が出てきた。

NFTは、ブロックチェーン技術を応用し、オンライン上にあるデジタル物の唯一無二の価値を表現できる。これまで容易にコピーできたデジタルの画像などに、本人から販売されたことを見分けることができる仕組みや枚数を限定して販売する仕組みなどを導入して、デジタルコンテンツに価値を持たせることができるようになる。

3月には世界二大オークションハウスのひとつであるクリスティーズが、BeepleによるNFT作品「Everydays – The First 5000 Days」を競売にかけ、6935万ドル(約75億円)で落札。現存アーティストのオークション記録第3位かつ、デジタルアート作品の過去最高額、オンラインのみのオークションでの過去最高額、オンラインでの落札価格の過去最高額と数々の記録を更新。

瞬く間に音楽業界やアート業界を中心に広がった。

波多野結衣が手がけるのは、NFT写真だ。詳細はまだ公開されていないが、NFTを活用して、自身の限定版写真集をオンライン上で販売するものと見られる。

今回活用するブロックチェーンは「BSC(バイナンススマートチェーン)」となる予定で、動画や販売をサポートする「大狮兄Leon」のコメントなどによると、日本セクシー業界への高い重要がある中国圏向けにもサービスを強化する。

グローバルな仮想通貨ネットワークを活用できるNFTは、世界向けに販売ターゲットを見据えることができることや、個人クリエイターでも容易に販売網を持てる利点もある。NFTの活用例が広がれば、アニメや漫画コンテンツなど、世界を牽引するコンテンツが豊富にある日本で、オンライン上に広がるコピー版の拡大に伴うビジネスの収益減を解消する手段になる可能性もある。

日本がデジタル化の分野で世界をリードする経済圏を作る時代も近いかもしれない。

画像引用元:波多野結衣Instagram

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します