欧州中銀が再び批判、「ビットコインはお金の特性を満たしていない」

ビットコインは市場を崩壊させる可能性

ヨーロッパ中央銀行(ECB)理事会のIsabel Schnabel氏は、仮想通貨ビットコインはお金の特性を満たしておらず、金融市場に崩壊を起こす可能性があると批判した。

独週刊誌のデア・シュピーゲルによるインタビューの中で、Schnabel氏は金融の幅広いテーマに回答、ビットコイン(BTC)が法定通貨に害を及ぼすのかという質問に対し自身の考えを語った。

ビットコインはお金の基本的な特性を満たしていない。投機的な資産で、これと分かるような根源的な価値もなく、大きな価格変動の影響を受ける。暗号資産における信頼は急速に蒸発し、金融市場に崩壊を招くかもしれない。

(上の意見に)イーロン・マスク氏は同意しないだろうとインタビュアーが指摘すると、「彼はそうする自由がある」とのみ述べている。

Isabel Schnabel氏がツイッターでインタビューの内容をまとめて投稿し、批判的な内容が注目を集めた。

一方、ビットコインのS2Fモデルなどで知られるPlanB氏は、「(中央銀行が法定通貨に対して金融政策を行った後)ジンバブエ、ベネズエラ、レバノン、トルコの人々は同意しないだろう」とSchnabel氏に返答(リプライ)している。

ハイパーインフレによって法定通貨への不信感が募る南米やアフリカの国々では、ビットコインを含めた仮想通貨の普及が進んでいることは度々報道されている。

関連:ハイパーインフレに苦しむベネズエラ、仮想通貨普及率「世界3位」に

今年の2月に、ECBのChristine Lagarde総裁もビットコインについて発言。価格変動の大きさなどを背景に、各国の中央銀行が近い将来、準備通貨としてビットコインを保有する可能性は非常に低いとの見解を示した。また、1月には、ビットコインは非常に投機性の強く、規制の必要性を訴えた経緯もある。

関連「世界規模でビットコイン規制が必要」 欧州中央銀行総裁が発言=報道

デジタルユーロの導入は

ユーロのような通貨も本質的な価値は持っていないのではないかという問いには、「ユーロは非常に信頼されているECBによって裏付けられている」と反論し、法定通貨のユーロを拒むことは出来ないなどとした。

また、ECBは中央銀行デジタル通貨(CBDC)のデジタルユーロについて検討を行っており、2021年度の前半にも方針を決定する予定だ。

Schnabel氏は、決済システムのデジタル化が進展しているなかで、調査を行っていく必要があるとしたものの、(デジタルユーロについて)まだ何も決定されていないと説明。

一方で、すでに中国を始めとした一部の国では、CBDCについて実地実験の段階にある。また、米FRBのパウエル議長は「デジタルドルは優先順位の高いプロジェクト」であると、今年2月に発言した経緯がある。

未だ検討段階の域に留まるデジタルユーロが遅れているのではないかとの指摘には「フェイスブックや他の民間事業者よりECBを人々は信頼するだろう」とSchnabel氏は返答した。

ECBと同等のセキュリティやデータ保護のレベルを提供できるものは他にいない。

著者:t.tenporin
参考:Europe Central Bank

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します