XRPの上場投資商品(ETP)、欧州の大手証券取引所に上場へ

XRPのETPが上場へ

英大手仮想通貨投資企業CoinSharesがXRP(リップル)の上場投資商品(ETP)をスイスの証券取引所SIXに上場させる予定が判明した。

このETP商品は、「XRPL」というティッカーシンボルとして上場し、1口=現物40XRPとなるという。上場の日程は具体的には言及されていない。

CoinSharesは欧州最大の仮想通貨投資企業で、約5.4兆円に相当する暗号資産を運用。先日は、ライトコインETPを発表していた。

XRPのETP商品のローンチは今回が初めてではない。2019年にスイスのAmun AGが「AXRP」というETPをローンチした経緯がある。

昨年12月末に、SEC(米証券取引委員会)がリップル社に対し、XRPの有価証券をめぐる訴訟を起こしたことに伴い、スイスの資産運用企業21Sharesが、提供する仮想通貨ETPのリストからXRPを除外した事例がある。

関連スイス証券取引所が取り扱うETP商品、仮想通貨XRPを運用対象から除外

しかし、イギリスやスイスではXRPが有価証券と判断された先例はない。各国における規制方針に準拠する形で、CoinSharesはグローバル的資産としてXRP ETPのローンチを発表したものと考えられる。

関連:なぜXRPに関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト

著者:菊谷ルイス
参考:u.today

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します