ファッションやアートに特化したNFTプラットフォームを提供へ 出版会社とバイナンスが提携

NFTプラットフォームをサポート

大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンスが、著名ファッション誌「VOGUE」等を顧客に持つ出版会社「Media Publishares」と、パートナーシップを締結した。

Media PublisharesがNFT(非代替性トークン)向けのプラットフォームを構築するのをサポートする。同プラットフォームはファッションとアート、音楽に特化しており、NFTの発行や、オークション販売などのサービスを提供。ローンチは2021年の第3四半期(7〜9月)を予定する。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

Media Publisharesは今月、NFTプラットフォームを構築するために、ブロックチェーン技術を活用するIT企業Vidyとの提携を発表しており、バイナンスはそこに加わることになる。

バイナンスでNFT部門のトップを務めるHelen Hai氏は、「当社は他の業界のリーダーと組み、ブロックチェーン技術の革新的な利用法を常に探っている」と説明。今回のパートナーシップについては、「アートやテクノロジーにおける想像力を解放し、創造力の価値を最大化させ、ファッション業界の成長を加速するようなプラットフォームを構築できるだろう」と自信を見せた。

Vidyについて

公式ホームページによると、VidyのWebやブロックチェーンに関する技術は70以上のメディア企業に利用されているという。

メディア関連のパートナー企業はVogueのほか、ファッションメディア「ELLE China」、ニュースメディアの「CNN Indonesia」や「CNBC Indonesia」等で、ブロックチェーン関連のパートナーとしては、LongHashや「Fenbushi Capital」、仮想通貨クアンタム(QTUM)のチームらの名前が上がっている。

Vidyは動画の広告を見たユーザーに対する報酬プログラムなどで、トロン(TRX)ベースの「VIDYX」やイーサリアム(ETH)ベースの「VIDY」といったトークンを活用していることでも知られる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します