「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催

テゾス、エコなNFTプラットフォーム

ブロックチェーンのテゾス(Tezos)は、NFTアートの分野においてクリーンなNFT(#CleanNFT)を広める試みとして、環境問題を気にするアーティストや活動家にアピール。

NFTが環境に悪く、多くの二酸化炭素を排出しているという指摘は最近となって広く拡散されており、オーストラリアの建築家、クリス・プレヒト氏のようにNFTへの参加を取りやめるアーティストも出ている状況だ。

テゾスを基盤とするNFTプラットフォームの一つ、Hic et Nuncは、環境問題を意識するアーティストが集まるNFTマーケットプレイスとなっており、アーティストにとっては手数料の低さも魅力の1つ。

Hic et Nuncは「世界芸術の日」というイベントを開催し、著作物へのライセンスを提供する非営利団体Creative Commonsの募金活動を行うことを発表。イベントは4月30日まで開催され、40か国以上から200人以上のアーティストの作品が登場するとしている。

また、Hic et Nunc上では、すでに総額65万枚XTZ以上の販売や手数料収益が記録されており、日本円にして5億円に相当する規模となる。

テゾスブロックチェーンを利用するNFTマーケットプレイスとしては、ARやVRの作品を取り扱うAcurt Artは4月15日にベータ版をリリースした。Acurt Artはツイッター上で以下のように説明している。

環境にやさしいアプローチを維持するため、Acute ArtはNFTをテゾス上で発行し、Tezトークンを決済で受け入れます。

著者:t.tenporin
参考:Hic et Nunc

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します