マルタの投資企業が約40億円を調達、ビットコインなどへの投資を検討

大規模資金調達、マルタ企業

マルタにある暗号資産(仮想通貨)投資企業Cryptology Asset Groupが株式の新規発行を通して、約42億円(3,200万ユーロ)を調達したことがわかった。資金は仮想通貨およびブロックチェーンスタートアップに投資するという。

CryptologyはBörse DüsseldorfやGettexなどのドイツの株式電子取引所に上場している企業で、今回は128,375株を新たに発行し機関投資家に販売。また、31,625の自己株式も機関投資家に買い取ってもらったという。

調達した資金を業界の関連企業やプロジェクトに投資するほか、バランスシートにビットコイン(BTC)などの仮想通貨を組み入れることも検討しているとした。

同社はマルタにある富裕層向けの投資企業Apeiron Investment Groupによって設立された仮想通貨フォーカスの投資企業だ。3月には、英億万長者投資家Alan Howard氏などとともに、ケルンのブローカー企業Nextmarketsに対する約40億円規模の出資ラウンドに参加した経緯がある。

マルタは以前よりブロックチェーン企業を受け入れる国として知られ、一部のグローバル仮想通貨取引所もマルタを拠点としている。

著者:菊谷ルイス
参考:Cryptology Asset Group

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します