CoinPostで今最も読まれています

中国人民銀行副総裁、ビットコインを資産として認める発言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国政府の見解は

中国人民銀行の李波(Li Bo)副総裁が18日、ビットコインなどの仮想通貨やステーブルコインを代替投資資産として捉えているという見解を示した。中国事情に詳しい専門家によると、中国政府関係者が仮想通貨の資産価値を認めた発言をしたのは初めてとなる。

中国海南省で例年開催される大型国際会議「ボアオ・アジア・フォーラム」で登壇した際、暗号資産(仮想通貨)やデジタル人民元の活用方法について言及した。

中国人民銀行は中国の中央銀行に相当する。日銀総裁に相当する最高責任者は全人代で任命されている。

ボアオ・アジア・フォーラムは2002年から毎年開催されている国際会議。2020年は開催されなかったため、2年ぶりの開催となっており、議題には中国の「一帯一路」構想や気候変動なども取り上げられ、20日には習近平指導部の要人がオンラインで参加する模様だ。

中国人民銀行の周小川元総裁と登壇した李副総裁は仮想通貨について以下のようにコメントした。

我々はビットコインとステーブルコインを暗号資産と考えている。

暗号資産は投資の選択肢(代替投資)であり、それ自体は通貨ではない。

また投資ツールとしての暗号資産を取り締まる規制ルールが必要との立場を示しつつ、どのような規制が必要か分かるまでは「現在の取り組みや慣行を継続していきたい」と述べた。

前述通り、中国系SNSでも同発言が初めて資産として認める発言として、ポジティブに捉える意見が多く見られている。

ステーブルコインへの規制

一方、法定通貨などを担保にして価値の安定を目指すステーブルコイン(民間発行デジタル通貨)については、「今のビットコインよりもはるかに強い」規制が必要と発言するなど懸念を示した。

民間企業が決済手段として活用されるステーブルコインを発行するためには、既存の銀行のような規制準拠しなければならないとしており、新たな規制強化の可能性を示唆した格好だ。

李副総裁と登壇した周氏もデジタルアセットとデジタル通貨の区別化は必要と同意。さらに中国では実体経済への貢献に「特別な注意を払っている」と付け加え、実体経済に密接に統合され、貢献していかなければならないと述べた。

中国国内におけるステーブルコインは、中国政府の検閲を逃れる決済手段にもなっており、取引所へのアクセスが制限される中、USDTなどのステーブルコインを活用した仮想通貨への投資ルートが水面下で拡大している。

仮想通貨については、ポジティブとも捉えられる発言となったが、ステーブルコインの規制強化に伴う、間接的な仮想通貨市場への影響も懸念される。

デジタル人民元

また中国が各国に先駆け実証実験を続けるデジタル人民元(DCEP)について、李副総裁は人民元がドルや国際的な通貨に代わることを目指していないと説明し、現段階では「国内の利用に注力している」と述べた。

我々の目標は市場に選択肢を与え、国際貿易や投資の促進を図ることだ。

周小川元総裁も20年12月に上海ファイナンス・フォーラムで登壇した際に、デジタル人民元が「国境間の貿易や投資における利用を目的に構築されているもの」と説明しているが、李副総裁は国際的な相互運用は非常に複雑な課題で「特定の解決策に達することを急いでいない」とも言及している。

その一方で、2022年の北京オリンピックで国際決済利用を検証する計画を公開。中国市民の他にもアスリートや観光客を対象にデジタル人民元の使用実験を行う可能性があるとコメントし、長期的には国際的な活用を示唆した。

国際的な重要性増すCBDC

日銀も4月5日にCBDC(中銀デジタル通貨)の実証実験のフェーズ1を開始。欧州連合(EU)など主要国でもCBDCの実証実験が相次いで進められているが、既に11の主要都市でCBDCの実証実験を完了している中国が頭ひとつ抜きん出ている。

先月26日にオンラインで開催された「中央銀行デジタル通貨に関する連絡協議会」第1回会合では全国銀行協会が「中国をはじめ、海外の一部で実証研究が急ピッチで進行していることを踏まえると、まずは調査研究面でのギャップを埋める必要がある」と述べていた。

最近ではPayPal創業者のPeter Thiel氏がビットコインやCBDCを中国政府がある種の金融兵器として活用する可能性があると危機感を示しており、米議会でもデジタル通貨の検証を行うべきという声も挙がってきた。

関連:米下院少数党院内総務「FRBは仮想通貨の影響力を軽視すべきではない」──中国の台頭が背景

米国ではボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学(MIT)がデジタル・ドルのプロトタイプに関する研究を2020年8月に行ってきたが、FRB(連邦準備銀行)のPowell議長はCBDCの可能性について慎重な姿勢を示してきており、「具体的な方針は米議会によって決められるべき」と発言。

米ドルの世界的地位を揺がしかねないとの懸念も挙げられており、米国で仮想通貨だけではなくCBDCに対する明確な方針が定まっていないことから早急な対応を求める声も少なくない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア