CoinPostで今最も読まれています

「ビットコインの上値は限定的か、今月の物価上昇率に要注目」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の相場の動きは

今週のビットコイン(BTC)市場はテスラのビットコイン決済停止が発表されるなど、価格は厳しく下落。一時は反発を見せるも、その後も上値の重い展開が続いている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

5/7(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

5/8〜5/14のBTCチャート

CoinPostで作成

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週(14日正午時点)のビットコイン(BTC)対円相場は軟調。先週8日のイーロン・マスク氏のサタデー・ナイト・ライブ(SNL)出演を契機にドージコイン(DOGE)相場に事実売りが入り、ビットコインも連れる形で、645万で頭打ちとなり、GW中の上昇モメンタムは完全に消失した格好だ。

9日には、DOGEで決済された民間の月面探査ミッション「DOGE-1 Mission to the Moon」の発表でDOGEが切り返し、ビットコインも620万周辺から反発するも、週明けからのテック株主導の米株市場の下落につられ、600万円割れを試した。

11日にはアルトコイン高が再開し、イーサリアムのイーサ(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)が強含み、ビットコインもジリ高となったが、12日には1時間足の200本移動平均線絡みで上値を重くし、市場予想を大幅に上回った米消費者物価指数(CPI)を受けた米株市場のリスクオフが再び波及。そこに、テスラのビットコイン決済停止の発表がトドメを刺すようにのしかかり、相場は507万円まで安値を広げた。

翌13日の相場は、東京時間に一時560万円まで戻すも、欧州勢参入後に戻り売りが入り反落。米時間にはバイナンスがマネロン関係で米司法省(DOJ)と国内歳入庁(IRS)から捜査を受けているとの報道があり上値を重くしたが、後にCZことバイナンスCEOが捜査に協力していると釈明すると、相場も切り返し、足元、540万円台で推移している。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

テスラの発表でヒヤッとする場面もあったが、「予想を遥かに上回った米消費者物価指数(CPI、市場予想3.6%→結果4.2%)に対する米連邦準備制度理事会(FRB)の反応」が気になる。

12日の指標発表以来、既に3名の当局者がこれまで通り「今年の物価上昇は一時的」という姿勢を示したが、今回の結果を受けてFRBの姿勢に懐疑的になる市場参加者増えるだろう。また、来月には5月分のCPIが発表される訳だが、昨年の5月は物価上昇率が最も落ち込んだ月であり(第2図)、ベース効果がより顕著に出る可能性があり、またも市場の予想を上回る物価上昇率となるか懸念される

第2図:米消費者物価指数、個人消費支出(前年同月比) 出所:fred.stlouisfed.govより作成

今週のビットコインは記録的な採掘難易度の情報調整を経ており、実需筋の需要回復が示された。2018年末の相場急落後や、昨年の半減期後には、ハッシュレート回復による難易度上昇が相場復調の先行指標となったが、相場が一目均衡表の三役逆転を示現しテクニカル的なセンチメントが悪化する中、速やかな復調シナリオは描き難い。

株価が一旦落ち着いているということもあり、目先は自立反発で戻りを試す展開を想定しているが、上述のFRBの政策を巡る懸念やテクニカル的な要因により、節目やテクニカルのチャートポイントでは戻り売りが出やすいと指摘され、上値は限定的と見ている。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:株式上場目前の米最大手取引所コインベース、相場の方向感に注視|bitbankアナリスト考察

関連:ビットコインの高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア