CoinPostで今最も読まれています

ビットコインの消費電力、「銀行やゴールド産業より少ない」 投資会社が推算

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

銀行システムやゴールド産業と比較

米大手暗号資産(仮想通貨)投資企業Galaxy Digitalのマイニング部門が、ビットコイン(BTC)のエネルギー消費についてレポートを発表した。この記事では、ビットコインの電力消費状況を、ビットコインに関してよく引き合いにだされる銀行システムやゴールド(金)などと比較検討したレポートの概要を紹介する。

出典:Galaxy Digital

試算によると、ビットコインの年間エネルギー消費量は、両者に比べて大幅に低かった。推定される年間消費電力は、ビットコインが約114TWh(テラワット・アワー)、ゴールドは約241TWh、銀行セクターは約264TWhである。なお、従来型の銀行システムやゴールド産業は、エネルギー消費量を公表していないため、この数字はGalaxy Digitalが様々な要素を考慮して見積もったものである。

まず、ビットコインの直接的な電力消費は、トランザクションを検証・中継するノードマイニングプール、マイニングマシンの3つによるもの。その内、マイニングマシンの稼働によるものが約99.8%と圧倒的な割合を占めている。

ビットコインネットワークはこれらを合わせて一年間に、推定113.89TWhを消費しているという。

次に、ゴールド産業についてGalaxy Digitalは、ワールド・ゴールド・カウンシルのレポート「Gold and Climate Change: Current and Future Impacts(ゴールドと気候変動:現在と将来のインパクト)」に掲載された、2018年のゴールド業界の温室効果ガス総排出量(GHG)を参照。その数値から年間エネルギー消費量を算出した。

炭素排出の多くは、ゴールドの採掘や精錬のプロセスから発生する。ビットコインと比較するために、ジュエリー加工や投資などにかかる間接的な排出量を除くと、ゴールドの年間GHG排出量は、1億tCO2(二酸化炭素トン)となった。その数値から、Galaxy Digitalは年間消費電力は約240.61TWhと推定。

銀行業界は、電力消費データを報告していない。Galaxy Digitalは「銀行のデータセンター、銀行の支店、ATM、カードネットワークのデータセンター」などに関する情報から消費電力を導き出した。

データセンターの面積や支店の総数、営業時間、世界の中小企業の平均電力消費量、取引件数など様々な要素を加味すると、銀行システムの年間消費電力は、推定263.72TWhだと見積もられる。

こうしてレポートによると、ゴールドと銀行システムのいずれも、ビットコインより年間消費電力が多い計算結果となった。詳しい計算方法はレポートに掲載されている。

余剰電力を活用するインセンティブ

さらにGalaxy Digitalはビットコインに対する「より生産性の高い電力活用方法からエネルギーを奪っている」「エネルギー消費量の増加につながっている」という批判にも異を唱えた。

ビットコインマイニング業者には、利益を最大化するために低コストの電力を求める傾向がある。その際に安価な電力として、エネルギー市場で余っていたり十分に活用されない可能性のあるエネルギーを利用するというインセンティブが与えられる。

例えば、石油の抽出過程で発生する副産物にメタンがあり、パイプラインがなければ輸送できないため、一般的に大気中に放出するか、燃焼されるという。しかしメタンによる温室効果は、同量のCO2に比べて25倍と言われており、環境負荷が大きい。この解決策の一つが、ビットコインマイニングに利用することだ。

Crusoe Energy Systems社などの企業はメタンを回収するインフラを構築し、ビットコインのマイニングに利用している。発電機でメタンを99%の効率で燃焼させ、大気中に放出される場合に比べて、24倍排出量を削減できるという。

またビットコインマイニングのある部分は、風力・太陽光などの自然エネルギーを活用しており、こうした部門に収益を提供することにもつながっているとレポートは指摘した。

レポートの紹介は以上だが、仮想通貨業界も最近、エネルギー問題への取り組みを加速させていることは注目される。例えば4月には国際的業界連合「Crypto Climate Accord(クリプト気候協定)」が発足。2040年までに仮想通貨業界全体の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目指すと発表した。

関連「仮想通貨業界の温室効果ガス排出量をゼロに」──仮想通貨気候協定

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧