「仮想通貨の父」と呼ばれるCFTC会長:2019年に退任意思表明

CFTC会長が2019年に退任意思表明
米国のCFTC(商品先物取引委員会)のジアンカルロ・クリストファー会長が5年の任期が終了する来年4月以降、任期を延長する予定はないと発表しました。

「仮想通貨の父」2019年に退任の意思表明

米国で仮想通貨におそらく一番好意的であった市場の規制者が、2019年の任期終了と共に引退する意向を正式に表明しました。

先週、米国フロリダ州マイアミで、IFLR(国際経済レビュー)主催のISDA(国際スワップデリバティブ協会)の年次総会が行われました。

同会議で、米国のCFTC(商品先物取引委員会)のジアンカルロ・クリストファー会長が、5年の任期が終了する来年4月以降、任期を延長する予定はないと発表しました。

多くの規制者が仮想通貨に対して冷たい眼差しを向ける事が一般的である中、ジアンカルロ会長の仮想通貨に対する偏見のないスタンスは仮想通貨コミュニティーで好意を抱かれていました。

ある時、同氏が議会審問で仮想通貨の影響で孫達が投資に興味をもってくれたとスピーチの冒頭で発言した以来、『クリプト(仮想通貨の略語)の父』という愛称が広がりました。

『私たちにはこの新しい世代の仮想通貨に対する情熱を無視したり軽蔑するのではなく、尊敬して思慮深く、バランスのとれた対応をするべきだ。』

と述べ、人気を集めました。

またオバマ大統領に任命されたジアンカルロ会長は、米国議会で『HODL』というフレーズを初めて使用したり、頻繁に仮想通貨に関するツイートをするなど容認的な態度を示していました。

ジアンカルロ会長の在任中、商品先物取引委員会は昨年12月のCBOE(シカゴオプション取引所)とCME(シカゴ商業取引所)の規制されたBitcoinの先物取引の開始を監修しました。

大多数の反対派がいましたが、取引開始以来徐々に取引量の増加が見られています。

また、商品先物取引委員会は仮想通貨関連の詐欺行為の摘発にも力を入れており、年間の市場操作に対する訴訟の件数もまだ半年も経過していないにも関わらず、年間記録を破りそうな勢いです。

ジアンカルロ氏の任期は2019年4月19日に終了する予定ですが、トランプ大統領が次期会長を任命するまでは在任すると発言しました。

CFTC Chairman J. Christopher ‘Cryptodad’ Giancarlo to Retire After Term Ends in 2019

Apr 30 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加