韓国銀行、CBDC実験でパートナー企業を募集 

韓国中銀がデジタル通貨のテスト実施へ

韓国の中央銀行である韓国銀行が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験的な開発プログラムを実施予定であり、協力できる企業パートナーを探していることが分かった。

大手テクノロジー企業NaverやKakaoも入札に参加する計画だと,地元メディアKorea Heraldなどが報道した。

韓国銀行の担当者は、プログラムはCBDCの実現可能性をテストするのみで、現時点で実際に発行する計画があるわけではないと強調。現段階では、プログラムは8月に開始予定だと語った。

またCBDC開発の技術提供者として、10ヶ月のパートナーシップ契約を用意しており、関心のある企業は入札に参加してほしいと意向を示している。パイロットプログラムには総額49億ウォン(約4.7億円)の予算が割り当てられている。

韓国銀行がCBDCの発行と償還に責任を持ち、銀行やフィンテックなど民間企業がエンドユーザーにトークンを配布するシステムが念頭に置かれていると説明した。

今後の予定

CBDCの試行プログラムはバーチャル環境で実行され、2つの段階から成る。

まず第1段階はCBDCの基本的な役割の調査とテストに焦点を当てたもので12月までに完了。決済や電子金融取引、またCBDC発行と流通のテストが実施される。CBDCをユーザー間で直接転送できるか、銀行に預け入れたお金と交換できるかなどについての、シミュレーションも実施するという。

第2段階は、プライバシー保護などのより詳細な事柄に焦点を当てたもので、2022年6月までに完了する見込み。この段階では国際取引、CBDCを介したデジタル資産の購入、オフライン環境での決済や送金のテストも含まれる。

韓国銀行は、現時点でデジタル法定通貨を発行する差し迫った必要性があるわけではないとして、慎重に取り組んでいく姿勢を強調している。

担当者によれば、今回のパイロットテストの趣旨は「現金取引のシェアが大幅に低下した場合に、CBDCを安全資産の一つとして、どのように使用できるかを確認する」ために行うものとなる。

CBDC参画に関心示す大手企業

韓国銀行のCBDC試験プログラムには、IT大手NaverとKakaoが関心を示しており、それぞれのフィンテック・ブロックチェーン部門は、入札準備のためにタスクフォースを立ち上げたと伝えられる。

またKorea Heraldによると、韓国の大企業LG傘下のITサービス部門もこのプログラムに注目しているという。

韓国のIT業界関係者は、政府のパートナー企業になることで、信頼性向上も見込まれると韓国経済新聞に対して、コメントした。

このパイロットプロジェクトは、CBDCを正式に採用する前の必須のステップだ。

参加するブロックチェーン企業は間違いなくCBDC分野で有利になるだろう。

NaverとKakaoは両社共に、ブロックチェーンプラットフォームを運営、フィンテック事業を拡大しており、CBDCを巡ってライバル関係にあると考えられている。

Naverはすでにオンライン決済プラットフォームや国内決済環境に精通。Naver関係者は「私たちは、国内のエコシステムに適したCBDCプラットフォームを開発する準備ができている」と語っている。

また、Kakao傘下のブロックチェーン企業Ground Xも、米国のブロックチェーン企業ConsenSysと協力して、他のブロックチェーンとの互換性を高め、スケーラビリティを向上させることを計画中。これにより、CBDCでも必須である、多数取引の迅速な処理機能が可能になる見込みだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します