英地下鉄のビットコイン広告取り下げに、「投資リスクを明示せず」

ロンドンの地下鉄のビットコイン広告、禁止される

ロンドンの地下鉄に掲載されたビットコインの広告は、シンプルなメッセージでインターネット上でも話題を集めていたが、英国の広告規制団体により禁止されたことが明らかになった。

「ビットコインを買う時が来た(it’s time to buy)」と書かれた広告が禁止された理由は、ビットコインへの投資に伴うリスクを説明しておらず、広告が誤解を招くというものだ。

広告は、暗号資産(仮想通貨)取引所Lunoによって展開されていたキャンペーン。その内容はシンプルなもので、ビットコインのロゴと共に以下のような文言が記載されている。

もし地下であなたがビットコインを見ているのなら、それは買う時だ。

今後、ビットコイン投資のリスクを記載へ

英国広告基準局(ASA)はこの広告に対し、広告が投資のリスクを示していない点、そして広告が消費者の経験不足や信じやすさを利用したという問題に関する苦情が寄せられたとした。

ASAはこの2つの問題を支持するとし、Lunoに対し上記のような問題を含む広告を出さないよう告知した。

なお、既にLunoは禁止措置に対し、「広告が再び苦情を受けたような形で現れることはないだろう」と回答。また、将来的な広告にはリスクについての警告を取い扱うとした。

ASAの定める基準によると、投資に関するマーケティングでは、投資の価値は変動する可能性があることを明示する必要があるという。

また、広告はロンドンの地下鉄とバスのシステムに掲載されており、金融知識のない消費者をターゲットとしたものになっていた。

さらにASAによると、Lunoやビットコインの市場は、英国で規制を受けていないという事実は広告で示されておらず、金融知識のない人々に対し、Lunoによって簡単にビットコインへ投資することが出来るという印象を与えたと指摘された。

英規制

昨年7月、英政府の大蔵省(財政担当)が個人投資家をミスリード的な仮想通貨関連プロモーションを制限する提案を提出した経緯がある。当時、企業が仮想通貨に関連するプロモーションを行う前に「規制ゲートウェイ」のもとでFCA(金融行動監視機構)によって審査される必要があるとした。

また、FCAは今年の1月より、ライセンス登録を申請していない仮想通貨関連企業が事業を停止する必要があると警告したほか、個人向けの仮想通貨デリバティブ提供を禁止したなど個人投資家への保護を強化してきている。

著者:t.tenporin
参考:The Advertising Standards Authority

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します