企業のビットコイン市場参入、加速か?【10分動画解説】

動画解説

一見、通常のニュースと捉えられるが、実は重要。そんなニュースが26日報じられた。

内容は、米大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースの企業向け部門「Coinbase Institutional」が、仮想通貨に特化したプライムブローカーサービスを開始したものだ。

証券業界では一般的なプライムブローカーだが、企業や機関投資家の参入も始まった仮想通貨業界でもそのニーズは拡大している。

特に、秘密鍵など独特の保管方法やサードパーティリスクを考慮する必要性や、専門知識も必要となる仮想通貨市場では、ファンドの事務管理を総合的にサポートする役割を担う信頼できるサービスの重要性は高い。

今回は、米国市場にも上場を果たしたコインベースの新たな動きが、なぜ米企業の仮想通貨市場参入を促すのか?10分間で解説した。

YouTube配信

仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な、有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します